小1/公文:算数F57(=小6)の「最小ではない通分」の力技

2016年12月(小1)


2016年12月29日(木)、夕方。

 

先週末あたりに、

 

僕:「3,4,12だったら、全部かけた数字は必ず公倍数になるよ。この場合は、12,12で144だね。これでは必ず通分できることが特徴。」

 

と教えたのですが、何を勘違いしたのか、娘が算数F57(=小6)で、こんな計算を。

 

1/3 + 1/4 + 1/8 = 32/96 + 24/96 + 12/96 = 68/96 = 34/48 = 17/24

 

知能指数ゼロ(微笑)。24で通分すればよいのに。答えはあっているけど。

 

(※本人は、24で通分できることを知っている。しかし、僕の言いつけを勘違いしていたので、3x4x8で通分。2桁掛け算の暗記により、12,8,96なので、96が瞬時に目に浮かんでしまうので計算はしていない、つまり、鉛筆を動かす手は一瞬も止まらないのが、とても興味深い。)

 

他にも、同じように知能指数ゼロな通分をしているのですが、以下は傑作。

 

1/4 + 1/6 + 1/18 = 108/432 + 72/432 + 24/432 =・・・

 

36で通分しろよ(爆笑)。しかし、答えは合っている。(※娘に聞いたら、24×18は筆算していました。本当は、24x(20-2)=480-48=432、の暗算までできないとイマイチだけどね。これは公文で算数G以後の中学分野をやることで、論理的に理解することを期待。)

 

・・・しかしこの計算方法ですが、計算精度を推し量る訓練としては有効かもしれませんね。通分を見抜くことについては、娘の速度は僕とほぼ同水準に近づきつつあるので、意図的に「最小ではない公倍数」で通分させて、計算をさせる。これにより、計算精度の甘い部分を炙り出すことができるかもしれませんね。

 

筋トレの寄り道としては面白いかも。なぜならば、

 

11/13 – 1/17 – 1/3 =

 

とか出てきて、分母が素数だから、13x17x3=、でしか通分できないと一瞬で見破れなくても、力技で13x17x3=、で通分できれば良いだけのことになるので。

 

 

★現時点の取組状況:

①サピックス:小1最上位クラス【2016年7月組分けテストから】

②公文算数:F教材(=小6)【2016年12月16日に算数E終了テスト合格】

③公文国語:CII教材(=小3後半)【2016年11月11日に国語CI終了テスト合格】

④漢字検定:7級(=小4)【2016年11月6日受検で8級(=小3)に合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki