小1/読書/108:『テラビシアにかける橋』(キャサリン・パターソン)

娘の読書・映画


公文国語D(=小4)の推薦図書から派生した、偕成社文庫。

 

241ページ。楽しみながらサクサク読んでいるけど、絶対的読書量という観点ではけっこうな量ですね。

 

①どんなお話し?
②どう思いましたか?
③主人公ならば?

 

娘:「①ジェシーがテラビシアに行く川に橋をかけるお話。②おもしろかったです。ジェシーとレスリは、とてもなかよしだったからです。③テラビシアに行くときにジェシーが作った橋をわたって見たい。」

 

以上が娘が書いた漢字混じりの文章。だんだん、漢字を活用できるようになってきました。なるほど、原稿用紙を活用したメモで漢字を実戦で使う、というのは意味がありますね!

 

尚、

 

僕:「なにか、してみたい、というときの、みたい、は、見るとは違うね。」

 

ということで、ここだけ修正してもらいました。

 

娘曰く、最後にレスリーが死んじゃうのだそうだ。本当かな、と思って、p.196を読んだら、そう書いてありました。娘はちゃんと読んでいるようです。

 

 

★現時点の取組状況:

①サピックス:小1最上位クラス【2016年7月組分けテストから】

②公文算数:F教材(=小6)【2016年12月16日に算数E終了テスト合格】

③公文国語:CII教材(=小3後半)【2016年11月11日に国語CI終了テスト合格】

④漢字検定:7級(=小4)【2016年11月6日受検で8級(=小3)に合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki