小1/勉強方法:思考力とは?

2017年01月(新小2)


2017年1月19日(木)。

 

過去に立てた仮説を評価し、反省してみます。

 

・2016年12月:小1/勉強方法:なぜ思考系問題を取り入れない仮説なのか?

 

=quote=

いずれにせよ、娘は思考力系問題を一切することなく(※サピックスのテキストだけに絞る)、2017年1月9日(月・祝)の組分けテストを受験します。僕にとっては試験はリトマス試験紙にすぎないので、その結果をみて、今持っている仮説を検証したいと考えます。
 
現状、メダルに挑戦できる位置にいるんじゃないかなあ、と楽観的に考えています。

=unquote=

 

上記方針とした結果、2017年1月の組分けテストで最上位-1クラスに転落となりました。試験には「もし」とか「if」はありませんので、たんたんと結果を受け止め、反省をして、次に活かしたいと思います。

 

新たに判明したことは、以下の通り。

 

(1)基礎筋トレ+αが必要

基礎筋トレだけでは、小1の1月という断面では、サピックスでメダルは取れない(※凡人娘の場合)。基礎筋トレの効果は遅効性があるので(娘が得意な分数計算が出てくるのは先のこと)、それが理由だと思います。小4くらいに花が開き始めても遅くはないのですが、それだと心配の種が増えるだけなので(気長に待つもの良いけど、この仮説自体が間違えている可能性もあるので)、基礎筋トレ以外の対策も取った方が良い。

 

尚、逆説的にはなりますが、基礎筋トレだけで最上位-1クラスにいられることになります。いわゆるパズル系などは一切していないのに。

 

(2)「思考力」の正体

これまで「思考力系問題」とひとくくりにしてきましたが、だんだん問題の本質を理解してきました。小1~3で問われる「思考力系問題」ですが、一言で言うと、「書き込んだり線で繋いだりする作業が必要となる問題」、なのだろうと理解。

 

そして、これらは、慣れの要素が大きいように思います。娘の答案を見ていると、書き込みを一切しておりませんでしたし、サピックスの「天秤問題」でも、書き込みをさせても、翌日にやらせてみるとやはり書き込みをしない。

 

(3)アクションプラン

僕の重要な気付きとして、

 

作業できる=問題文の論理を理解している

 

ということであり、

 

問題文を読める not= 論理を理解する not= 作業できる not= 説明できる

 

ということと理解。以下が新しい仮説。

 

①問題文を読める。

②論理を理解する。

③作業できる。より具体的には「鉛筆で線をひいたり、〇をつけたりすること」。これが最重要。作業をさせれば、上記①②の理解度が分かる。そして作業には慣れの要素も大きい。

④説明できる。より具体的には、「xxだからxxになって、だからxxになる」という論理。

 

・・・なーんだ、つまるところ、低学年算数で求められる思考力とは、作業力なのね、と僕なりに消化。3月組分けテストで結果が出るように、作業する筋トレをしたいと思います。

 

これって、日常生活みていれば、娘の頭の中を理解できますね。例えば、

 

僕:「家の中の掃除をして。」

 

と娘にお願いをして、

 

娘A:「(玄関から一番遠い部屋の角から掃除する)」

 

娘B:「(リビングの真ん中から掃除する)」

 

というパターンが想定され、こういう動き方を見ると、頭の中のロジックが見えてくるでしょうから。

 

 

★現時点の取組状況:

①サピックス:小1最上位-1クラス【2017年1月組分けテストから】

②公文算数:F教材(=小6)【2016年12月16日に算数E終了テスト合格】

③公文国語:CII教材(=小3後半)【2016年11月11日に国語CI終了テスト合格】

④漢字検定:7級(=小4)【2016年11月6日受検で8級(=小3)に合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki