僕の学習:合格発表とは?

2017年02月(新小2)


2017年2月2日(木)、午後。

 

青空が眩しい。

 

風が冷たいが、人が密集しているので寒さはあまり感じない。

 

会場は緊張感で満ちている。今から1分後の発表に関係が無い僕ですら、緊張してくる。

 

僕の隣にいる受験生の母親が、手に持ったタオルハンカチを固く固く握りしめ、祈っている。

 

受験生たちの多くはマスクをしており、今か今か、と待っている。どちらかというと、緊張しているのは本人よりも保護者のようだ。

 

突然、

 

そう、突然に、

 

掲示板の左側にある扉が開いた。一瞬、声にならないどよめきが流れる。左前方に見える時計は、発表時刻を指していた。

 

目の前に高く掲げられた9枚の灰色の掲示板の前に設置された台に、職員の方が登り、群衆に向かって一礼した。深い一礼だった。

 

その後、3人がかりで、左側の掲示板から、大きな紙が貼られていく。受験番号が黒々と印刷された紙が、一枚一枚貼られていく。

 

最初の一枚の紙の上部がテープで固定され、丸まった紙が、、、一気に引き下ろされる。

 

その瞬間、

 

会場の張りつめた雰囲気を、小6女子の高い声が切り裂く。

 

「あった!」

 

その後、

 

「あ!あった!あったよ!」

 

が続く。

 

合格の喜びは、「やった!」でもなく、「合格した!」でもなく、「よっしゃー!」でもない。

 

「あった!」

 

なのだ。

 

合格者の受験番号が印刷された紙は5枚目まで。最後の6枚目は、補欠合格者の受験番号が印刷されていた。

 

最後の紙が貼られる頃には、会場は興奮のるつぼ。合格した受験生、、、いや、家族も、不合格だったのであろう家族も、涙をうっすら浮かべている。

 

僕の右側にいる父親が、地面に両膝を着き、涙をこぼしてうつむいてる娘を強く抱きしめていた。

 

「やったぞ!やったぞ!すごいぞ!」

 

お父さん、なんて良い笑顔をしているのだろう。これまでの人生で、最高の笑顔の一つに違いない。

 

・・・僕は1次情報しか信じない人間。今日の経験で、5年後のイメージを持つことができました。

 

完全なる傍観者である僕ではありますが、一つ言えることは、小6受験生がその学校に挑戦したこと、そして合格発表の場に立っていること、それ自体が凄いことだと思いました。結果に関わらず、凄い。お疲れさまでした。

 

(※入り口にいた関係者の方に相談したら、「どうぞ」と中に入れて頂くことができました。御礼申し上げます。)

 

★現時点の取組状況:

①サピックス:新小2最上位-1クラス【2017年1月組分けテストから】

②公文算数:F教材(=小6)【2016年12月16日に算数E終了テスト合格】

③公文国語:CII教材(=小3後半)【2017年1月31日に国語CII終了テスト合格】

④漢字検定:7級(=小4)【2016年11月6日受検で8級(=小3)に合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki