小1/漢字検定7級(=小4):受検結果

2017年02月(新小2)


2017年2月27日(月)。

 

合格しました。2017年2月5日(日)に受検

 

小1での漢字検定7級(=小4)はそれなりにチャレンジングですので、娘・妻・僕で喜びを分かち合いました。

 

以下は、昨年2016年11月に漢字検定8級(=小3)を受検した際の反省録です。

 

=quote=

(割愛)そういえば小1の漢字検定受検級の分布について調べていなかったことに気が付きました。纏まった統計はなかったのですが、漢字検定協会の指導者向けパンフレットに「学年別受検級の割合」の情報あり。
 
グラフの目分量ですが、小1の漢字検定の受験割合(※合格者分布ではなく受検)は、
 
10級:85%
9級:10%
8級:4%
7級以上:1%
 
のようです。
 
さて、次は漢字検定7級(=小4)の開始です。1%もいるのだから、うまくやれば、達成できると思いますが、小1での漢字検定7級(=小4)合格はフツーの凡人娘がストレッチして到達できる本当の限界領域なのだと思います。小1での6級(=小5)の受検は、僕も想像もできない世界です。凡人娘でも、計算分野では小6算数まで無理なく到達できますが、漢字はそうはいかないですね。

=unquote=

 

娘が今回合格した漢字検定7級(=小4)ですが、僕が予想するに娘の得点率は80~85%程度の筈。我が家の少ない勉強時間でも、徹底的に勉強効率を追求すれば、結果は出るようです。

 

尚、漢字検定合格は終わりではなく、「漢字スキルの保持」の始まりでしかありません。そして、漢字検定5級(=小6)合格までは、中学受験における漢字学習においてはスタートラインにすら立っていないと僕は認識しています。

 

まずは2017年6月の漢字検定6級(=小5)で、これまでに磨いた勉強方法を更に熟成させたいたいと思います。

 

娘:「漢字検定8級は肺炎もあって大変だったけど、今回は簡単だったね~。漢字は楽しい~。」

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:新小2最上位-1クラス【2017年1月組分けテストから】

②公文算数:F教材(=小6)【2017年2月17日に算数F終了テスト合格】

③公文国語:DI教材(=小4前半)【2017年1月31日に国語CII終了テスト合格】

④漢字検定:6級(=小5)【2017年2月5日受検で7級(=小4)合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki