小1/算数検定:9級(=小3)過去問(7回目)

2017年03月(新小2)


2017年3月3日(金)、公文のあとの一人学習。

 

7回目の過去問。

 

【算数検定9級(=小3)】(合格水準は70%)

①2017年02月25日:第1回、18問/20問(07分/40分)

②2017年02月26日:第2回、17問/20問(15分/40分)

③2017年02月26日:第3回、18問/20問(12分/40分)

④2017年02月27日:第4回、16問/20問(09分/40分)

⑤2017年03月01日:第5回、19問/20問(07分/40分)

⑥2017年03月02日:第6回、20問/20問(06分/40分)

⑦2017年03月03日:第7回、18問/20問(11分/40分)

 

間違えた2問のうち1問は、問題文の意味が分からなかったもの。「式の答えがもっとも大きくなるときの答えはいくつですか」。

 

娘:「もっとも、だけど、一番、という意味ね。」

 

ということで解決。「最」は小4の漢字なので、娘は既習。「最大」とか「最も」書いてくれれば分かるだろうけど、「もっとも」だとかえって分からない。

 

・・・算数検定9級(=小3)の過去問をやりこんできましたが、ここでストップとします。あと1回分ありますが、これは試験前に初見の問題として残しておきたいため。

 

以下、一通りやっての感想です。

 

1) 内容は教科書水準の直球ストレート問題ですので、できて当然。しかし、それでもできない点や、勘違いしている点があるので、「何ができないか」をチェックするには良いと思います。サピックス(小1まで)や公文(小6まで)で算数やっていても、カバーしていない分野はあります。それを拾うイメージ。

 

2) 算数検定は9級(=小3)までは簡単です。しかし、8級(=小4)になると、一気に難易度があがります。8級からが勝負だと思います。

 

・・・算数検定は負荷が低いし、体系的に整理されているので、我が家は進めたいと考えます。試験形式でチェックできるのが良いですね。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:新小2最上位-1クラス【2017年1月組分けテストから】

②公文算数:F教材(=小6)【2017年2月17日に算数F終了テスト合格】

③公文国語:DI教材(=小4前半)【2017年1月31日に国語CII終了テスト合格】

④漢字検定:6級(=小5)【2017年2月5日受検で7級(=小4)合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki