小1/読書/131:『くまのパディントン』(マイケル・ボンド)

娘の読書・映画


久しぶりに、公文推薦図書。国語D(=小4)ランク。209ページ。

 

福音館書店。表紙の絵はかわいいけど、文字が小さくちゃんとした小説。小1には文字が小さく、読み辛いものと思われます(娘から苦情はなかったけど)。やはり、偕成社文庫は読みやすいなあと思う。

 

①どんなお話し?
②どう思いましたか?
③主人公ならば?

 

娘:「①バティントンがバティントンの駅でブラウンさんにひろわれるお話。②おもしろかったです。ママレードやいたずらが大好きだからです。③バディントンを見てみたい。」

 

尚、パディントンですよ~。バ、ではなく。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:新小2最上位-1クラス【2017年1月組分けテストから】

②公文算数:F教材(=小6)【2017年2月17日に算数F終了テスト合格】

③公文国語:DI教材(=小4前半)【2017年1月31日に国語CII終了テスト合格】

④漢字検定:6級(=小5)【2017年2月5日受検で7級(=小4)合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki