小1/基礎体力:スキー(2016-2017シーズン/2回目)

2017年03月(新小2)


2017年3月18日(土)、19日(日)。

 

今季2回目のスキーに、娘と僕で行ってきました(妻は自宅で自由を謳歌)。

 

「スキー遊び」というより「スキー合宿」という雰囲気になってしまう家庭に生を受けた娘が不憫ですが、結果的に当初想定以上にスキルアップし、娘は喜んでいました。

 

以下が結果。

 

1. 娘のスキーキャリア

(1)年中(2014-2015シーズン)

①1回目:雪遊び的なスキーを経験(リーシュ付き)

 

(2)小1(2016-2017シーズン)

①1回目:リーシュ付きで1日のみ

②2回目:今回(2日間)

合計:3日間

 

2. 今回合宿の結果

当初目標は、「2日目の夕方に、リーシュ(=後ろからコントリールする紐)無しで一人でボーゲンで初級者コースを真っすぐ滑走できるようになる」ことでした。

 

しかし、実際には、初日の1本目でリーシュありながらもボーゲンで滑ることができたので、その後はリーシュを取り外して練習。2日目は、ストックをデビュー。午後には、斜度がそれなりにある上級者コースにて、ボーゲンでの細かいターンができるようになりました(つまりスピードをコントロールできるので斜度に対応できる)。3本連続で転倒することなく上級者コースを滑走できたので、そこで今シーズンを終えることにしました。

 

今シーズンは、以下状態で終了。

 

①一人でスキー板を運べる(※ストックと同時には無理)。

②一人でブーツをビンディングに固定できる(※ただし急斜面では無理)。

③一人でストックを使ってスキー板のビンディングからブーツの取り外しができる。

④リフト乗車・下車を問題なく実行可能。

⑤ボーゲンでのスピードコントロールと、細かいターンが可能。

⑥初級者コース、中級者コースは無問題。上級者コース(※とはいっても、そのスキー場の中ではの上級者コースに過ぎないので、それほど難しくない)では、ちょっと腰が引けているが、ボーゲンターンで滑走可能。

⑦大けがをしないように転べる。

 

3. 次シーズン(2017-2018)の課題

パラレルの習得かな。

 

4. 親としての学び

子供の運動神経の発達速度は、驚異的ですね。

 

「都内在住」&「冬場週末は僕が狩猟で不在」&「サピックス等の試験で週末自由度が低い」という悪条件ですが、限られた時間を頑張って練習してくれて、僅か3日間で大人と一緒にスキーを楽しめるレベルに到達してくれた娘に感謝。

 

今季は2回、通算3日間しか滑ることができませんでしたが、来季はもっとゲレンデに連れ出したいと思います。集団スキースクールは時間投資効率が悪すぎるのでパス。やるならば、プライベートレッスンかな(しかし、まずは滑り込みからスタートすべきだと思います)。

 

5. 娘の感想

 

娘:「1日目は3回目で紐を使わずにできて自分がすごいとおもった。ストック持つのは余り自信なかったけど、思ったより使いやすかった。初級者コースから上級者コースに行って4回できて嬉しかった。来年は上級者コースを1回も転ばないで降りれるように頑張りたい。」。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:新小2最上位-1クラス【2017年3月度組分けテストから】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年2月17日に算数F終了テスト合格】

③公文国語:DII教材(=小4後半)【2017年3月17日に国語DI終了テスト合格】

④漢字検定:6級(=小5)【2017年2月5日受検で7級(=小4)合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki