小1/計算:四則演算復習に『マスター1095題 4年』を導入

2017年03月(新小2)


2017年3月23日(木)。

 

今週金曜日から公文数学G11(=中1)に入りますが、文字式からのスタートとなります。「=」を「恒等式」として理解する筋トレが始まります。

 

公文を進める場合、四則演算については毎日復習しないと、忘れてひどい目に遭います。中学数学分野に進むのは良いとしても、四則演算の復習は不可欠となります。

 

これまで、公文の小学ドリルを駆使して復習をしてきましたが、基礎的な「考えない計算」はそろそろ卒業して、次のフェーズである「考える計算」に進むことにします。

 

昨年2016年夏くらいから書店で計算問題集をチェックしてきましたが、結論として以下を購入しました。

 

・『マスター1095題 一行計算問題集 4年 (マスター1095題一行計算問題集シリーズ)』

 

=quote=

「日能研マスター1095問題」で例えるならば、3年生までは単なる計算(しかも負荷が低すぎて筋トレにならないと思う)。しかし、マスター1095問題の「4年生」になると、急激に考える力が必要となり、質的にいきなりジャンプします。マスター1095問題の3年生→4年生へのギャップが、まさに公文算数におけるE(=小5)→F(=小6)へのジャンプだと、僕は整理しています。

 

この白兵戦で、どう格闘するか。

=unquote=

 

これまで娘は大量に計算"処理"の筋トレをしてきましたが、「マスター4年」(以後、こう呼びます)にて、厳選された3~6問程度を毎日解くことにしたいと思います。終わらせることが目標ではありませんが、3問/dayならば12か月、6問/dayならば6か月を要しますので、ペースは実際にやってみて考えます。

 

算数検定8級(=小4)とは学年が同じだから、このあたりがちょうど良いのかもしれません。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:新小2最上位-1クラス【2017年3月度組分けテストから】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年2月17日に算数F終了テスト合格】

③公文国語:DII教材(=小4後半)【2017年3月17日に国語DI終了テスト合格】

④漢字検定:6級(=小5)【2017年2月5日受検で7級(=小4)合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 


Posted by senki