小2/カブトムシ:カブトムシの幼虫を購入(岐阜県産)

2017年04月(小2)


2017年4月21日(金)。

 

娘:「カ~ブトムシ、カブトムシ♪」

 

昨年2016年に、カブトムシの採集を目指しましたが、時間の都合がつかずに実現しませんでした。今年はその反省を活かし、カブトムシの幼虫を購入しました。幼虫から観察すれば面白いし、成虫になればより楽しめることでしょう。娘にとっては、自宅で飼う初めての生き物です。理科のことを勉強してもらいたい、という親の下心は殆どありませんが、実体験になれば良いなとは思います。

 

尚、僕が子供の頃は都内商店街に普通に「昆虫ショップ」があり、幼虫を購入できましたが、今は数少なく難しい時代。カブトムシの幼虫を購入する方法はたくさんありますが、種々検討した結果、僕が選択したのは以下通販。

 

====

岐阜県「裏木曽天然カブトムシの里」

 

「カブトムシの観察セットA(2,580円、送料別)」

 

・希少な天然幼虫(新森のチップ君幼虫飼育用)
・15リットルマットに幼虫6頭入り
・飼い方説明書付き

・カブトムシ幼虫飼育の安心基本セットです

・水分、マット量まで全て調整済み

・オス3頭 メス3頭 

====

 

ネット通販サイトを徹底比較しましたが、届いた一式を見る限り、カブトムシの幼虫を購入するならば、ベストなサイトの一つだと思います。ホームページにも記載ある「吉村ヨシ子」さんが運営していらっしゃるようです。岐阜県の木曽山脈の山深く、おばあちゃんがカブトムシを集めているイメージであり、岐阜県のテロワールを感じるカブトムシの幼虫です(なんのこっちゃい)。

 

娘:「カブトムシが来た時、見てみたら、思ったより幼虫の体が小さかった。こんな小さいのが、強いカブトムシになるんだなと思った。幼虫はあまり見えないけど、下から見ると、お尻がちょこんと見えてかわいい♪あと、腐葉土をちゃんと食べているのか心配。」

 

カブトムシの世話は、娘に任せます。僕と妻は一切手を出しません。必要なものは、娘からリクエストがあれば一緒に購入しに行くようにします。

 

娘:「温度計が欲しい。25度じゃなくちゃいけないらしい。」

 

そうか。では、一緒に買いに行こう。娘はA5のノートに「かぶと虫のせいちょう日っき」と題し、記録を開始していました。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:小2最上位-1クラス【2017年3月度組分けテスト】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年2月17日に算数F合格】

③公文国語:DII教材(=小4後半)【2017年3月17日に国語DI合格】

④漢字検定:6級(=小5)【2017年2月5日受検で7級(=小4)合格】

⑤算数検定:8級(=小4)【2017年4月16日受検、5月8日発表予定】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村


Posted by senki