小2/四谷大塚:2017年6月/全国統一小学生テスト(無事に受験&保護者向け説明会)

2017年06月(小2)


2017年6月4日(日)、午前。

 

0900-1030にて受験。国語30分、算数30分。

 

娘:「国語は全部できた。算数は、時間切れで分からない問題が2問あった。」

 

とのことですが、国語の漢字(4(2))で「さゆう」を「右左」と書いていたので、自己申告は当てになりません。答えを問題用紙に書き込んでいるものもあれば、ないものもあるので、自己採点の意味が無いのでやめておきます。6月17日(土)から答案返却とのことなので、2週間後の忘れた頃に解きなおして、リトマス試験紙として使わせて頂こうと思います。

 

・・・さて、子どもが受験中は、保護者は説明会がありました。任意での参加となりますが、勉強になるので参加しました。以下はメモ。

 

=quote=

・今回の統一試験では全国で16.5万人が受験。

 

・小3以後は上位50位が決勝戦に進むことになるが、その会場はお茶の水会場だそうだ。今日、お茶の水会場では1,500名前後が受験とのこと。(※自宅から遠いので選択しなかったが、来年はお茶の水校舎まで遠征しようかと思います。)決勝戦は3週間後。

 

・統一テストは2007年10月が初回。そのときのキャッチコピーが、「さあ、競争だ。」でいまだに変わらない。

 

・2008年からは小4の決勝戦での上位30位は、米国アイビーリーグの視察団にご招待。

 

・毎回受験して、データを残してほしい。毎回受験している人ほど、偏差値の伸びが高い統計結果をグラフで表示。

 

・学力の三要素。①技能、②思考力・判断力、③主体性・多様性・協働性。

 

・大学入試改革のキーワード。①論理性・課題解決能力、②英語スピーキング試験の導入。自ら求め、自ら学び、自ら解く、アクティブラーニング。

 

・某校の2016年入試の1(4)。「これまでに算数を学んで感動したことや面白かったこと」を記述。算数の試験に記述。これが学校のメッセージ。

 

・基礎の徹底が重要。読み(読書)、書き(作文・日記)、そろばん(計算)。読書量が大事。東大生のアンケートでは、無制限に本を買ってもらえた家庭が40.2%。

 

・漫画と読書の違い。漫画はイメージが与えられるものであり、受け身。読書は自らイメージを構築する。

 

・「学力は時間の差」、である。小2の6月に偏差値70だった層は、80%の確率で、小6の6月に偏差値70。伸びている、というよりも、その相対的位置を維持しているのが実態。

 

(※尚、このマトリックスは衝撃的な統計データ。会場からは何の反応もなかったが・・・僕は、あっ、と声を出してしまった。10年前から統一テストを実施している四谷大塚だからこそ出せるデータだと思います。一瞬しか説明されなかったのですが、エッセンスは、①基本的に偏差値は変わらない(小2時点での相対的位置が、小6でも維持されているのが実態)、②上位層は不変、下位層は変動する(四谷大塚は解説していなかったが、僕がマトリックスを分析してとても興味深いとおもったのが、相関性。つまり、小2偏差値70以上の80%が小6でも偏差値70以上となっているが、小2偏差値50前後だと小6偏差値50前後にいる確率は50%、というように、偏差値が下がれば下がるほど相関係数が低くなる。下位層は上へも下へも行くけど、偏差値70以上の層はずっとそのままとなる確率が高い、ということ。)。

 

・子供の家庭学習。ネガティブなことを言うと、記憶に残る。ポジティブなコメントの方が、成長につながる。

 

・その他、算数の解説については、結論を求めるだけではなくプロセスを理解することが重要だと。約数などの整数問題にしても、プロセスを理解していないと解決できない。例えば、「12753/12317」を約分する問題。算数においては、結論(答え)を求めることに特化してしまうと、プロセスの理解が曖昧になる。答えではなく、背後にある考え方の理解が大事。特殊テーマについては、5年の夏、6年の夏にやればよい。算数は4~6年の3年でやるプロセス。

 

・他、私立中学生の日常生活の紹介など。

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:1番目クラス【2017年5月確認テストから】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年2月17日に算数F合格】

③公文国語:EI教材(=小5前半)【2017年6月2日に国語DII合格】

④漢字検定:6級(=小5)【2017年2月5日受検で7級(=小4)合格】

⑤算数検定:8級(=小4)【2017年4月16日受検で8級(=小4)不合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村


Posted by senki