小2/読書/147:『妖怪博士』(江戸川乱歩)

娘の読書・映画


261ページ。

 

娘はもう、怪人二十面相に夢中!これほどはまった本は、過去にありません。

 

=quote=

奇怪な老人

 

空いちめん、白い雲におおわれた、どんよりとむしあつい、春の日曜日の夕方のことでした。十二、三歳のかわいらしい小学生が、麻布の六本木に近い、さびしい屋敷町を、ただひとり、口笛を吹きながら歩いていました。

 

この少年は、相川泰二君といって、小学校の六年生なのですが、きょうは近くのお友だちのところへ遊びに行って、同じ麻布の笄町(こうがいちょう)にあるおうちへ帰る途中なのです。

=unquote=

 

戦前の東京の描写が、これまた面白い。「さびしい屋敷町」(笑)。港区の麻布周辺に遠征し、二十面相に出てくる街が2017年にどうなっているか、娘に探偵させてみようかしら?

 

二十面相シリーズは、描写が細かい。状況をイメージとして捉えやすい。そして、ミステリーなので伏線を読んでいく力が求められる。読書絶対量の確保、という意味おいては良い。漢字も語彙も豊富。漢字検定6級(=小5)まで進めてきたけど、学んだ漢字の維持は読書でカバーしないといけないしね。

 

まあ、なによりも、楽しい本に出会えて良かったね。

 

①どんなお話?
②どう思いましたか?
③主人公ならば?

 

娘:「①二十面相がつかまるお話。②おもしろかったです。明智探偵が二十面相をだましたからです。③二十面相をつかまえてみたい。」

 

原稿用紙にメモを取る時間も惜しい様子。完結に書き、即、次の本へ。

 

そうそう。それでいいのだ。感想文を強制されたら、読書がつまらなくなる。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:1番目クラス【2017年5月確認テストから】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年2月17日に算数F合格】

③公文国語:EI教材(=小5前半)【2017年6月2日に国語DII合格】

④漢字検定:6級(=小5)【2017年2月5日受検で7級(=小4)合格】

⑤算数検定:8級(=小4)【2017年4月16日受検で8級(=小4)不合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村


Posted by senki