小2/漢字検定6級(=小5):過去問(8回目)と試験前日の調整

2017年06月(小2)


2017年6月17日(土)、夕方。

 

7回分の過去問を延々と復習していましたが、試験前日に最後の過去問。8発目。どうだっ!

 

■結果(合格水準は70%): 

①2017/05/29:127点/200点(正答率64%)→不合格

②2017/05/31:114点/200点(正答率57%)→不合格

③2017/06/01:134点/200点(正答率67%)→不合格

④2017/06/02:140点/200点(正答率70%)→合格

⑤2017/06/04:136点/200点(正答率68%)→不合格

⑥2017/06/10:143点/200点(正答率72%)→合格

⑦2017/06/11:149点/200点(正答率75%)→合格

⑧2017/06/17:162点/200点(正答率81%)→合格

 

・・・ということで、合格ラインの70%を大きく超えてきました。ということで、明日の本番はまず大丈夫そうです。

 

しかし、娘の弱点が(五)の問題。こういう問題です。小2で漢字検定6級(=小5)を攻める場合、多くの子どもがここで引っかかるのではなかろうか?

 

=quote=

(五)

漢字を二字組み合わせたじゅく語では、二つの漢字の間に意味の上で、次のような関係があります。

 

ア:反対や対になる意味の字を組み合わせたもの。(例:上下)

 

イ:同じような意味の字を組み合わせたもの。(例:森林)

 

ウ:上の字が下の字の意味を説明(修飾)しているもの。(例:海水)

 

エ:下の字から上の字へ返って読むと意味がよくわかるもの。(例:消火)

=unquote=

 

この問題は、娘の正答率は50%前後と低い。よって、ここだけ過去問を追加で3発実施しました(9、10、11回目)。

 

さあ、これで明日の漢字検定6級(=小5)の準備は整った!

 

尚、漢字検定は学年が低いほど午前中になるようで、明日の開始時刻は、な、な、なんと、1530と遅い!午前中は勉強はほどほどにして、外遊びと、妻の休み時間確保のためにどこかでランチしようと思います。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:1番目クラス【2017年5月確認テストから】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年2月17日に算数F合格】

③公文国語:EI教材(=小5前半)【2017年6月2日に国語DII合格】

④漢字検定:6級(=小5)【2017年2月5日受検で7級(=小4)合格】

⑤算数検定:8級(=小4)【2017年4月16日受検で8級(=小4)不合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村


Posted by senki