小2/夏休み:戦略を立ててみる

2017年06月(小2)


2017年6月28日(水)、夜。

 

僕:「今のうちに仮説を立ててみたよ。ほら、7月組分けテストの結果を見ちゃうと、その結果に左右されちゃうでしょ?良ければ調子に乗って難しいのしたくなるし、悪ければひたすら復習しちゃいそうだし。まあ、今はニュートラルなので、考えられるわけだ。」

 

妻:「ちょっと算数がねえ。」

 

僕:「結論として、こんなかんじにしようかと考えている。」

 

=quote=
(1)夏休み終了時点でのゴール
 

①漢字:いちまる5級を7月中に終え、ステップ5級を8月末に一巡。
②公文国語:3枚/dayのペース維持。
③公文数学:3枚/dayのペース維持。
④トップクラス算数:「徹底理解編」を1年生と2年生を終わらせる
⑤トップクラス国語:潔くやらない(※国語時間は読書と公文国語に頼る)
⑥きらめき算数:2/3年版を1問/dayで解く。
⑦サピックス夏期講習復習:これだけでも結構大変なはず。毎日、帰宅したら夕食までにやり直すようにして、溜めないようにする。

(2)投資時間
①0600-0920:朝の勉強
②1630-1730:夕方の勉強
③読書時間:30分以上

(3)他活動
①水泳(おばーちゃんにも2~3回くらい来てもらう)
②一輪車(アイドリングやバックができるレベル)
③ボルダリング(3回くらい行きたい)
④将棋
⑤工作

(4)重要なこと
①最初の週末に夏休みの宿題を全て終わらせる。
=unquote=

 

・・・まあ、これに遊びと旅行が加わることになる。登山とか行きたいなあ。」

 

妻:「算数は何やるの?」

 

僕:「算数は、もう、徹底的に復習しようかなと思う。まだ小2じゃん?そして、特に娘からは難しい思考力系問題を解く才能は感じない。まあ、そういう問題も解けば伸びるのかもしれないけど、いまのうちに、トップクラス問題集の徹底理解編というやつがあるので、小1から弱点潰そうかな、と。まあ、簡単すぎる計算問題とかは×つけてパスしてやれば、それほど時間も食わないと思う。いや、むしろ、時間が食うとしたらそれはそれで発見なのでいいかな、と。基礎編ではないやつもあるのだけど、小難しい問題はきらめきやったほうがいいので、この観点からも徹底理解編にしようかな、と。小2でも、徹底理解編やれば、この間の四谷大塚リトルオープンに出てきたような単位問題や図形なんかも潰せる。」

 

妻:「いいんじゃないかなあ。」

 

僕:「四谷大塚の予習シリーズもいいかもしれないけどね。体系的だから。体系的にやる先取りは、できるならば意味があると思うのだよね。ただ、勉強って、何をしないか、が結構大事なんだよな。時間は有限だから。共働き世帯は、どうやったって、専業主婦世帯に条件面では勝てない。凡人娘がそこそこ健闘していることが奇跡だと思った方が良い。」

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:1番目クラス【2017年5月確認テストから】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年2月17日に算数F合格】

③公文国語:EI教材(=小5前半)【2017年6月2日に国語DII合格】

④漢字検定:6級(=小5)【2017年6月18日受検で6級(=小5)たぶん合格】

⑤算数検定:8級(=小4)【2017年4月16日受検で8級(=小4)不合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki