小2/カブトムシ:卵と孵化した幼虫を分離

2017年07月(小2)


2017年7月15日(土)。

 

カブトムシの卵ですが、卵室を破壊して採取した場合は、水はけのよい砂や土が良い。湿っているとカビが生えるから。

 

しかし、孵化したら、しっとりと湿ったマットが良い。

 

ということで、娘と相談の上、以下段取りが良いことを確認しました。

 

①交尾を確認する。

②メスが産卵する。

③1週間ごとに卵を採取する。

④ガラス製の容器にマットを入れ、卵を置く。あまり湿らせない。

卵を幼虫を分離する。孵化したら、しばらくはマットの上にいるので、湿ったマットを入れたガラス製容器に移す。

⑥飼育する。体のサイズごとに分離する。(共食いするので)

 

尚、ガラス製容器ですが、イワキの「パック&レンジ」を流用していますが、とても便利です。蓋をしめても僅かな隙間があるので酸素供給できるし、恐らくコバエも入れない。蓋がないと保湿できないし。

 

イワキのガラス容器ならば、底にうごめく幼虫をじっくりと観察できます。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:1番目クラス【2017年5月確認テストから継続中】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年2月17日に算数F合格】

③公文国語:EI教材(=小5前半)【2017年6月2日に国語DII合格】

④漢字検定:5級(=小6)【2017年6月18日受検で6級(=小5)たぶん合格】

⑤算数検定:8級(=小4)【2017年4月16日受検で8級(=小4)不合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki