小2/新聞:「富士山登山人気で大渋滞 – 山梨・静岡が対策検討」

2017年08月(小2)


2017年8月7日(月)、夕食。

 

毎日小学生新聞の記事。

 

娘:「富士山が大人気なんだってね。大渋滞が発生しているんだって。去年行っておいて良かったね。」

 

僕:「登山客が多すぎるからね。登山客が多いとどういう問題が起きる?」

 

娘:「人が多すぎると登山道から外れたりして自然が壊れると思う。」

 

僕:「そうだね。他に問題は?金峰山登った時に、山小屋でお金を払ってあるところに行ったよね。なんだっけ?」

 

娘:「?」

 

僕:「トイレ!」

 

娘:「ああ思い出した!人が増えちゃうと、山のトイレが満杯になっちゃうね。」

 

僕:「そうだね。では、どうしたら、登山客を減らせるかな?方法を挙げよ。」

 

娘:「うーんと、、、山小屋を小さくするとか、登山道を細くするとか、、、あ、山小屋の料金を高くするってのはどうかな?」

 

僕:「うん、それは良いアイデアだね。もっと根源的には、登山したい人にお金を払わせる仕組みを作ればいい。入山料だね。そうして、登山者数を抑制し、原資を環境保全に使えばよい。しかし、富士山は、行政にいろいろな事情があって、それができないんだろうね。僕の目から見たら怠慢に思えるけど、大人な事情があるんだよ、きっと。世の中は理由で満ちているから。」

 

デザートを口に運ぶ。

 

僕:「パパとママは、"世界一美しい散歩道"と評されるニュージーランドのミルフォードトラックを歩いたことがある。4泊5日でざっくり60kmくらいを歩くルートだ。ここは、一日の登山客数を制限、山の中だとは信じられないレベルのきちんとしたホテルとサービスの代わりに高い料金設定、そして、完全一方通行だ。すれ違うと登山道がふくれて環境破壊になるからね。どうしても歩きたい、という需要と、環境保護を見事に両立させている。」

 

妻:「きれいだったわねえ。」

 

夫婦で遠い目。

 

僕:「登山道を歩いていて、ぽちゃんぽちゃん、音がするので、足元を見たら水たまりがあった。その水に気が付かないくらい、水が透明だった。」

 

娘:「へえ~、そんなことがあるんだ。」

 

僕:「海外では、入山料を取るのが普通なんだよ。アメリカの国立公園なんかは、自動車で旅することになるけど、道路のゲートにてパスを買わないといけない。そして、その原資をもとに、レンジャーが公園内の保全活動をしたり、インフラの保守メンテナンスをしている。日本だって、そういうモデルにすれば良いのにね。」

 

妻:「グランドサークルも良かったけど、ヨセミテは完璧だったわね~。」

 

夫婦で溜息。

 

僕:「さて、君が八ヶ岳の管理人だとして、入山料を徴収して、何を作る?」

 

娘:「大きな小屋を作りたい!人がたくさん寝れるように。」

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:1番目クラス【2017年5月確認テストから継続中】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年2月17日に算数F合格】

③公文国語:EII教材(=小5後半)【2017年7月25日に国語EI合格】

④漢字検定:5級(=小6)【2017年6月18日受検で6級(=小5)合格】

⑤算数検定:8級(=小4)【2017年7月23日受検で8級(=小4)合格(自己採点)】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki