小2/47都道府県の旅:宮城県、山形県、岩手県、秋田県、青森県(2017年8月)

娘の47都道府県の旅


2017年8月。

 

夏休みの前半は「東北ツーリング」に行ってきました。妻と僕はBMWバイクを駆っていたライダー上がり。使う道具を、バイクから車に替えただけ。宿泊費はキャンプで極限まで切り詰め(今回の最安値は1泊0円)、その代わりご当地グルメには投資を惜しまない。宿泊予約をしないのが原則なので、天候をみながら、柔軟に訪問先を決めることができます。

 

コンセプトは「中学受験社会をネタにして楽しむ」。それだけ中学受験の地理が、大人目線でも面白いということなんですけどね。

 

(1)レンタカーでの走行距離

1,334km

 

(2)宿泊数

①テント:4泊

②ホテル:2泊

 

(3)天候

概ね曇り、小雨、ガス。「やませ」という気象現象を、体を濡らしながら理解。

 

(4)行程(赤字は博物館等)

①1日目

・東京から新幹線はやぶさにて宮城県の仙台入り。たったの1時間30分。

 

・仙台はいきなり雨。レンタカーで山形県に移動。奥羽山脈を越えると、晴れとなる。

 

・「山寺」(立石寺/りっしゃくじ)の1,000段を登る。松尾芭蕉の俳句で有名ですね。「閑さや岩にしみ入る蝉の声」で有名ですが、なぜ「岩」に着目したのかは、行ってみないと分かりませんね。新生代第三紀の凝灰岩がポイント。妻は御朱印集めをしているのですが、奥之院の僧侶の方から解説をうけたのが面白かった。

 

・山形盆地のさくらんぼとラフランスの畑を横目に、仙台方面へ移動。奥羽山脈は山深い。

 

・岩手県へ移動。平泉の「中尊寺」。中尊寺金色堂は大人になってから見ても楽しいですね。奥州藤原氏の4代のミイラが安置されています。奥州藤原氏についても学習しましたが、大事なのは経済力の源だと思いました。他、覆堂などを見学。

 

・秋田県の横手盆地へ移動。ご当地グルメである焼きそばを堪能。焼きそば四天王の一つ。

 

・キャンプ場を楽しむ。後三年の役の古戦場。

 

②2日目

・横手盆地から、大潟村へ移動。小学生が地図帳を見たら、絶対行きたくなる場所の一つだと思います。この八郎潟の干拓地は、実際に歩かないと土木工事のコンセプトが分からないことが多い。

 

・道の駅にてローカルフードを物色。

 

・「大潟村干拓博物館」は行く価値がある場所です。地学、地理、歴史、は関連性を理解すると更に面白くなる。鳥好きの娘は生態系の展示に夢中。

 

・日本海に出て、海水浴。娘にとっては、水着をきて泳ぐ初めての海水浴。塩辛さに驚いていた。

 

・白神山地方面へ移動。僕にとっては懐かしい場所。道の駅でご当地グルメ。売店で農家が売っているグルメが楽しい。

 

・青森県の八甲田山。妻と僕にとって、とても懐かしい酸ヶ湯へ。混浴である千人風呂へ妻も来てもらったが、男性30人に対して、女性は妻1人。かなりの勇気。

 

・八甲田山の遭難の話を娘にする。これも明治時代という時代背景を知らないと理解できない。

 

・途中から土砂降り。しかし、十和田湖はなぜか雨無し。八甲田山中は天気の変化が大きい。

 

・十和田湖のほとりにキャンプ。5m向うが湖。

 

③3日目

・起床。雨は降らず。テントの入り口から湖を展望しながら、朝の紅茶を楽しむ。

 

・カヌーをしているご夫婦とアウトドアを語る。

 

・乙女の像。

 

・白鳥ボートで十和田湖の小島を一周。

 

・東北をテーマにしたクラフトショップを楽しむ。

 

・奥入瀬渓流へ移動し、星野リゾートでスイーツ三昧。幸福林檎のミルフィーユは絶品だと思う。他にも森の神話というチーズケーキなども頂く。散財した。

 

・奥入瀬渓流を歩く。小雨なので問題無し。

 

・発荷峠で十和田湖を遠望。

 

・岩手県盛岡市へ移動。南部鉄器で著名な店を訪問。我が家の鉄瓶はここのである。

 

・新渡戸稲造先生。

 

・盛岡冷麺を堪能する。涙が出るほどうまかった。

 

・小岩井農場方面はどしゃぶり。標高が低いキャンプ場へ避難。

 

④4日目

・朝、風呂に入る。

 

・「小岩井農場」を堪能。3,000ヘクタール。民間で最大の農場。朝から夕方までいました。ツアーにも2回参加し歴史背景を学ぶ。羊飼いのショーは、これはここまでこないと見れない。僕は人生初のアーチェリー、とても面白い。娘も気に入った。巨大ボールの中にはいり転がる遊びなど。

 

・じゃじゃ麺を堪能。懐かしい。テレビで、「やませ 低温と日照不足」が放送されていた。やませの真っただ中。

 

・今日は宿に宿泊。3名で1万円。なんにもない素泊まりの和室。これが一番楽しい。

 

⑤5日目

・遠野へ移動。道の駅でグルメ。プリンが秀逸。

 

・「遠野市立博物館」。ここは訪問する価値あり。歴史背景もふくめて良くわかります。サピックス地理に出てくる曲がり家も良くわかる。

 

・遠野は馬の産地。桜バーガーのランチ。

 

・カッパ淵でカッパ釣りを楽しむ。カエルをつかまえる。

 

・「遠野ふるさと村」。曲がり家に入れます。妻も僕もこれは初めて。岐阜県の合掌造りは経験しているが。案内係のおばあちゃんの説明も面白い。気候と風土、当時の経済事情を理解しないと、曲がり家の設計思想を理解できない。

 

・陸前高田市へ。奇跡の一本松。家族全員で、黙祷。

 

・なんと北辰一刀流の千葉周作は、気仙沼生まれだったとは。。

 

・気仙沼にあるマグロはえ縄漁業組合の直営店でマグロを堪能。僕ができる復興支援とは、地元経済にお金を落とすことである。妻も娘も、人生史上で最高のマグロでした。

 

・三陸リアス式海岸の先端にあるキャンプ場を選択。

 

⑥6日目

・日本三景のひとつ、松島。ここでも松尾芭蕉。

 

・「国宝瑞巌寺」。朝一なので、ほぼ独占。

 

・米国留学時代の友人家族とランチ。牛タンを堪能。

 

・「青葉城」へ。ふもとにある駐車場から、きちんと登る。本丸北壁石垣に感動。

 

・仙台市内でレンタカー返却。

 

・仙台駅にある書店で中学受験コーナーを物色。

 

・ホテルチェックイン。屋根があり、ベッドがあるのは快適である。

 

・仙台市内の郷土料理の店。ミシュランにも掲載されているらしい。これほどおいしいお店にはそうそう出会えない。四季めしの、あなごめし、感動できるレベル。

 

・妻はお友達とバーへ繰り出したようだ。

 

⑦7日目

・ホテルでのんびり朝食。

 

・東北新幹線のはやぶさで東京に戻る。車中で娘は公文を終わらせる。

 

(5)感想

帰宅する新幹線の中で、思いついた順にメモ。

 

①娘

・おいしかったもの:魚屋、小岩井農場のソフトクリーム、ホテルの朝ごはん

 

・楽しかったこと:ボールコロコロ、羊ショー、昔の冷蔵庫

 

・勉強になったこと:八郎潟干拓地が日本で二番目に大きかったこと、

 

②妻

・おいしかったもの:星のリゾートの林檎のミルフィーユ、仙台市での郷土料理、仙台カフェのコーヒー

 

・楽しかったこと:友達とのおしゃべり、大潟村、山寺

 

・勉強になったこと:大潟村の歴史、遠野の歴史、青葉城は大きい!

 

・反省点:移動距離が長すぎた。

 

③僕

・おいしかったもの:仙台市の郷土料理、盛岡の冷麺、星野リゾートのミルフィーユ

 

・楽しかったこと:小岩井農場のアーチェリー、日本海での海水浴、酸ヶ湯

 

・勉強になったこと:津波、やませ、時代背景(大潟村、小岩井農場、遠野)

 

・反省点:キャンプ道具の整備

 

■写真集:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■47都道府県の旅:

①小1/2016年8月/北海道ツーリング

01)北海道

 

②小2/2017年3月/春の京都・大阪・神戸

02)京都府

03)大阪府

04)兵庫県

 

③小2/2017年4月/前方後円墳に登ろう

05)群馬県

 

④小2/2017年5月/信州ツーリング

06)長野県

07)富山県

08)山梨県

 

⑤小2/2017年8月/東北ツーリング

09)宮城県

10)山形県

11)岩手県

12)秋田県

13)青森県

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:1番目クラス【2017年5月確認テストから継続中】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年2月17日に算数F合格】

③公文国語:EII教材(=小5後半)【2017年7月25日に国語EI合格】

④漢字検定:5級(=小6)【2017年6月18日受検で6級(=小5)合格】

⑤算数検定:8級(=小4)【2017年7月23日受検で8級(=小4)合格】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki