小2/読書:原稿用紙に頻繁に向かうという意味

娘の読書・映画


2017年9月10日(日)。

 

娘曰く、夏休み前に、学校で作文を書く機会があったそうな。

 

聞く限り、子供たちの対応はいろいろ。大半が、全く書けない、または書けても数行。

 

他方、サラサラと大量に書く小2も少なからずいる。授業中に、数名が400字詰め原稿用紙5枚前後を書き上げたそうな。

 

娘:「うちでやっている読書メモのように、2行とかの制限が無いから、いくらでも書けちゃう~!」

 

書け

 

と言われてサラサラと書けない場合、「何を書いて良いのか分からない」、「展開を考え込んでしまう」、「そもそも文字が書けない」、などがあるかと思いますが、一番大事なのは、

 

意見を持っているかどうか

 

だと思います。執筆者として、題材に対して、どう思うのか?好き、嫌い。このレベルで良いと思いますが、主体的な意見があるのならば、必然的に、「結論を提示する→理由を述べる」という論理構成になります。

 

また、

 

日常から書いているかどうか

 

が大事なようにも思います。本来、書くというのは楽しいことなので、原稿用紙に毎日向かっていれば、苦痛に感じることもないと思うんですけどね。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:上位8%【2017年7月組分けテスト】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年3月24日から】

③公文国語:EII教材(=小5後半)【2017年7月25日から】

④漢字検定:5級(=小6)【2017年6月18日に6級合格】

⑤トップクラス算数徹底理解編:小2【2017年8月4日から】

⑥きらめき算数脳:小2【2017年6月29日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki