小2/新聞:「偉い人は何でも自分で決めちゃっていいの?」

2017年10月(小2)


2017年10月3日(火)、夜。

 

娘が、毎日小学生新聞を読んでいる。

 

娘:「国の偉い人って、自分で何でも決めちゃっていいの?」

 

僕:「国民から選ばれているから、決めちゃっていいんだよ。いろいろと条件はあるんだけど。」

 

娘:「選ばれているんだ?」

 

僕:「そうだね。こういう仕組みなっている。

 

1人

475人

120,000,000人

 

1億2,000万人が一度に集まって話し合うのは無理でしょ?」

 

娘:「絶対に無理だね。」

 

僕:「だから、この1億2,000万人のうちの大人が、ざっくり500人位を選ぶ。この500人ならば、一度に集まって話をすることができる。その500人が、また1人を選ぶ。この選ばれた1人が、内閣総理大臣だ。」

 

娘:「あ、安倍総理大臣のことね。」

 

僕:「そう。選ぶことを選挙という。そして、国民が代表者を選ぶことを、民主主義という。漢字で書いてごらん。」

 

娘:「"選挙"と"民主主義"。だから、トランプ大統領はアメリカで一番偉い人で、マクロン大統領はフランスで一番偉い人なんだね。」

 

僕:「そうだね。はい、寝る時間だからお休み~。」

 

娘:「おやすみなさい。」

 

・・・3分くらいして、

 

娘:「パパ、どうしても気になることがある。眠れない。」

 

僕:「何?」

 

娘:「北朝鮮は民主主義ではないの?」

 

僕:「民主主義ではないね。」

 

娘:「では、今の一番偉い人は、北朝鮮では悪い人なの?」

 

僕:「悪いかどうかは価値観によるから決めるのは難しいけども、少なくとも、国民が飢えていて、子供とかがバタバタ死んでいるにもかかわらず、ミサイルを撃っているのは事実だね。」

 

娘:「その人ってどうやって選ばれたの?」

 

僕:「その人のおじいちゃんが、国を作ったんだ。その国を、お父さんがひきついで、今、その人がひきついでいる。」

 

娘:「そのおじいちゃんは、悪い人だったの?」

 

僕:「必ずしも悪くないと思うよ。国を創った人だから。だけど、人ってのは、権力をもつとだんだんおかしくなっていくんだよ。自分で何でも決められちゃうから。」

 

娘:「そうなんだ。」

 

僕:「お休み。」

 

娘:「お休みなさい。」

 

・・・テレビをつける習慣のない我が家にとって、毎日小学生新聞は、娘にとり社会をのぞく窓になっています。正確な説明は後々のサピックス社会に任せるにしても、娘も娘なりに新聞読んで考えているんだなあ。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:上位8%【2017年7月組分けテスト】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年3月24日から】

③公文国語:FI教材(=小6前半)【2017年9月24日から】

④漢字検定:5級(=小6)【2017年6月18日に6級合格】

⑤トップクラス算数徹底理解編:小2【2017年8月4日から】

⑥きらめき算数脳:小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki