小2/新聞:カリフォルニアの山火事

2017年10月(小2)


2017年10月14日(土)、朝食。

 

妻:「友だちが好きだったワイナリーが全焼しちゃった。」

 

娘:「そのニュース、新聞で見た!」

 

僕:「(調べてみて)[xx]ミュージアムのすぐ近くじゃん。。栽培家にとっては、ぶどう畑が焼けるなんて悪夢でしかないな。よくいった、[xx]ワイナリーもすぐ近くだ。大丈夫だろうか。

 

そういえばさ、今週カリフォルニアの人と電話したんだけど、山火事について聞いてみたら意外な反応だったよ。雨がいつもより少なかったのか?、と聞いたら、雨がいつもより多かったから、が答えらしい。」

 

娘:「逆じゃない?」

 

僕:「なぜ、山火事が広がったか。それは燃えるものがあったからだ。つまり、雨季である昨年末から今年頭にかけて降水量が多く、、、」

 

娘:「それで草がいつもよりたくさん生えたんだ。」

 

僕:「そう。」

 

娘:「なんで山火事を食い止められないんだろうね。水が追い付かないのかな?」

 

僕:「それもある。でも、あのあたりは設計段階で問題があったかもしれないね。京都の大通りだけど、どうなっていた?」

 

娘:「広かった。」

 

僕:「東京の下町は?」

 

娘:「ごちゃごちゃしている。京都は設計された町だけど、東京の下町は人が住んだ結果として道ができてる。だから、火事になると建物が近いから燃えちゃうね。京都は道が大きいから、燃え移らないかも。」

 

僕:「そうだね。江戸時代の東京は、木造住宅の密集地だった。では、当時はどうやって、消防士が火を消していたと思う?当時は火消し、と言ったが。」

 

娘:「水をかけるんじゃないの?」

 

・・・ここで将棋の駒を取り出して、立てて並べる。

 

僕:「さて、向こう側から火がやってきた。はじっこにいる王様の家を守るにはどうしたらよい?」

 

娘:「えーっと。。。水をかける?家を動かす?」

 

・・・ここで、江戸時代の「め組」の装備をパソコンで見せる。

 

僕:「何持ってる?」

 

娘:「はしご、おおきなかなづち、棒のさきっぽに引っ掛けるのがついているやつ。

 

あ!そうか!

 

家を無くしちゃうの?壊す?」

 

僕:「その通り。当時の消火活動は、破壊消防がメインだ。類焼をふせぐんだ。るいしょう、って書いてごらん。」

 

娘:「(類焼)壊しちゃうことで、そこで火事が広がるのを防ぐんだね。」

 

僕:「そう。『大草原の小さな家』で、草原の火事でお父さんがやった迎え火作戦も同じだよ。」

 

娘:「家の周りの燃える草を、無くしちゃうということね。」

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:上位8%【2017年7月組分けテスト】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年3月24日から】

③公文国語:FI教材(=小6前半)【2017年9月24日から】

④漢字検定:5級(=小6)【2017年6月18日に6級合格】

⑤トップクラス算数徹底理解編:小2【2017年8月4日から】

⑥きらめき算数脳:小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki