小2/漢字:野沢菜事件

2017年10月(小2)


2017年10月16日(月)。

 

夕食時。

 

僕:「この野沢菜いいね。発酵食品だし、おなかにも良いだろう。」

 

娘:「のざわな、ってどう書くの?」

 

僕:「沢だよ、沢。さんずいに、尺八のしゃく。」

 

娘:「ん~、その漢字、習ってないよ?」

 

妻・僕:「そんなことないでしょう。」

 

・・・と思ってサピ漢を引いてみると、たしかに「沢」が無い。ステップ5級の巻末にある4級以上の級別漢字表を見てみると、なんと4級(=中学前半)で出てくる漢字でした。

 

僕:「ほら、沢、って4級だって。たしかに、まだやっていない。」

 

と級別漢字表を娘に見せたところ、娘がじーっと見つめて、言ったこと。

 

娘:「結構、知ってる漢字が多いね。

 

本当?

 

ということで、調べてみました。

 

====

■小2/漢字検定5級(=小6)終了時点での将来展望(2017年10月16日現在)

 

(1)方法

①漢字検定の級別漢字表を娘に見せる。

②語彙として正確に読めた漢字に〇を付ける。

 

(2)結果

①4級(=中学前半)の全316漢字

影 煙 汚 奥 菓 介 壊 甘 乾 折 鬼 丘 巨 御 怖 驚 撃 肩 香 婚 芝 煮 狩 獣 床 沼 畳 寝 吹 井 跡 占 沖 殿 怒 逃 桃 盗 塔 峠 突 髪 罰 彼 疲 尾 匹 怖 浮 膚 坊 冒 慢 眠 霧 娘 猛 腰 翼 雷 粒 療 涙 齢 恋

 

→66個は読めている(=20%)。

 

②3級(=中学後半)の全285漢字

炎 乙 嫁 怪 岳 冠 刑 鶏 孤 慌 綱 獄 魂 寿 錠 酔 葬 賊 袋 壇 畜 駐 聴 豚 姫 墳 房 魔 幽 猟 霊 炉 湾

 

→33個は読めている(=11%)。

 

③準2級(=高校前半)の全333漢字

亜 靴 衡 昆 斎 臭 汁 銃 症 縄 釣 塚 偵 泥 扉 猫 麻 竜 涼

 

→19個は読めている(=5%)。

 

②2級(=高校卒業)の全196漢字

嵐 茨 岡 牙 嗅 鍵 虎 柵 餌 鹿 狙 爪 藤 丼 奈 梨 妖

 

→17個は読めている(=8%)。

====

 

・・・これまでの読書と新聞、街中で出会った漢字の蓄積が、思いのほかあることに驚きました。娘が漢字大好きなのは、蓄積があったからなのかもしれません。

 

よくよく考えると、漢字学習は以下仕組みになっているはず。

 

①見たことがある漢字。

②読める漢字。

③書ける漢字。

④漢検レベルで対応できる漢字。

⑤中学受験レベルで対応できる漢字。

 

読書は①かと思いましたが、案外②にも食い込んでいるようです。①があるから、漢字学習に抵抗が無いのだろうか。

 

娘:「漢字は面白いからねえ。」

 

僕:「何が面白いの?たくさん書くのは大変だと思うのだけど。」

 

娘:「意味が分かるのが面白い。漢字は、書かないと覚えないから仕方が無いね。本とか新聞で、いくら漢字に振り仮名がふってあっても、漢字が分からないと、読んでも意味は分からないんじゃないかなあ。第一、漢字が分からないと、読むスピードも遅いしね。漢字だーい好き!はやく、「猫」を学びたい!ねこねこねこ~。」

 

うーむ。

 

かわいそうに、父親に似て、変態系に進化しつつある。

 

いつから好きになったんだろうか。本格的に漢字学習を開始したのは、2016年5月。公文国語A(=小1)やっているときに、小1の漢字が全くできなくて大変な思いをして、集中的に復習をしたのが最初。振り返ってみれば、その頃から、漢字について面倒くさいとかやりたくないとか、言ったことが無い(漢字に限らず、勉強面で不満は漏らしていないが)。

 

好きじゃなければ、一人で0600に起床して、たんたんとやらんわな。

 

「うんこ漢字ドリル」にしないと、面白くなさ過ぎて耐えられない、というのが漢字のはずなのだが。

 

僕は現在の状態に満足しているけど、2016年5月から現在までのどこに、分水嶺があったのだろうか。

 

そして、将来から見たら、今の状態は、成功と失敗を分ける分水嶺にいるのだろうか。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:上位8%【2017年7月組分けテスト】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年3月24日から】

③公文国語:FI教材(=小6前半)【2017年9月24日から】

④漢字検定:5級(=小6)【2017年10月15日に5級合格(自己採点)】

⑤トップクラス算数徹底理解編:小2【2017年8月4日から】

⑥きらめき算数脳:小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki