小2/漢字:漢字検定過去問のコピー方法を今更ながら改善

2017年10月(小2)


2017年10月19日(木)。

 

なーんだ。

 

以下段取りが僕として楽な方法でした。今まで気が付きませんでした。アホだった。

 

①漢字検定9級(=小2)から漢字検定5級(=小6)までの過去問を、過去問集(=A4)から拡大コピーしてB4サイズにする。これをマスタープリントとする。全部で13回分あるけど、10回分あれば大丈夫。残り3回分は、自宅テストでの本番として取っておく。

 

②上記①で作成したマスタープリントを、自宅ブラザーコピー機の自動送りでコピーする。

 

③上記②で作成した過去問を、娘が解く。

 

・・・これまで、毎回上記①でコピー作成して娘に解いてもらっていましたが、毎回コピーするのは大変でした。最初にマスターコピー作成しておけば、その後の問題を作るのは、それこそボタン1つでできます。サピックスプリント管理と同じ方法。

 

漢字検定9級(=小2)の問題を見せたら、

 

娘:「うひゃあ!楽しそう!やってみたい!100点とれるかな!」

 

とのことなので、今日の夕方に1発解いてもらいましょう。

 

漢検は小2から小6まで同じ形式なので、復習するにもとても使いやすい。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:上位8%【2017年7月組分けテスト】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年3月24日から】

③公文国語:FI教材(=小6前半)【2017年9月24日から】

④漢字検定:5級(=小6)【2017年10月15日に5級合格(自己採点)】

⑤トップクラス算数徹底理解編:小2【2017年8月4日から】

⑥きらめき算数脳:小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki