小2/歴史:富士川の戦い

2017年10月(小2)


2017年10月20日(金)、夜。

 

夕餉の会話。

 

娘:「(角川歴史漫画を見て)源氏が平氏をやぶった富士川の戦い面白いね。水鳥の羽音にびっくりして、平氏が逃げちゃっただなんて!」

 

僕:「そうだねえ。では、季節はいつかな?そして、水鳥とはどんな鳥かね?想像してみようぜ。

 

娘:「水鳥だけど、、、カモかなあ。たくさんいたんだろうから。」

 

僕:「季節は?」

 

娘:「渡り鳥だとしたら冬ということになるよね。」

 

妻:「日本ってローマ人みたいに冬期間の自然休戦期ってなかったの?」

 

僕:「日本海側、戦国時代の越後みたいなところは雪で行軍は厳しかったね。でも、太平洋側は問題無い。では、鳥の種類は何かね?コガモだとちょっと迫力無いし、、、」

 

娘:「カルガモかマガモかな。ハクチョウ系だと、そんなに群れて川にいるように思えないから。池だと分かるんだけどねえ。(新潟県の瓢湖でバードウオッチングしたことがあるので回想)」

 

僕:「富士川の水深は?渡渉ポイントが下流だとすると、深いと渡れない。春や夏は富士山系からの雪解けも多いので無理だ。だから、やっぱり冬なのかもしれない。」

 

娘:「カルガモみたいなオオガモがたくさん川岸にいて、水が少ない時期だね。」

 

妻:「そうかな~。そういうのは、先に史実を知っておいた方がいいんじゃない?」

 

僕:「面白くないじゃーん。与えられた情報から推測するから面白いんだよ。」

 

・・・さて、史実は?

 

・1180年11月9日(ユリウス暦)。

・カモなどの渡り鳥が来ている時期。ちょっと早いけど。

・水量も少なそう。

 

ということで、仮説は大きくは間違えていなさそうです。

 

ただし、水鳥の羽音で逃げたのではなく、既に劣勢だったので羽音で攻撃されたことを察知して撤収した、という見方もあるようです。

 

■追記(頂戴したコメント)

 

=quote=

富士川の戦いの水鳥は、古くは雁と呼ばれるマガンではないかと言われています。

昔は、というか昭和初期まで全国津々浦々に多く飛来していたマガンは、江戸の浮世絵にも描かれています。

現在では宮城の一部の湿原にのみ、冬に飛来して来ますが、10万羽のマガンが早朝に、轟音と共に一斉に飛び立つ光景は、ゾッとする美しさがあります。あるお年寄りは、B29の襲来のようだと表現していました。実際に体験すると、平家が驚いて逃げ出す気持ち、とてもよくわかりますよ。

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:上位8%【2017年7月組分けテスト】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年3月24日から】

③公文国語:FI教材(=小6前半)【2017年9月24日から】

④漢字検定:5級(=小6)【2017年10月15日に5級合格(自己採点)】

⑤トップクラス算数徹底理解編:小2【2017年8月4日から】

⑥きらめき算数脳:小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki