小2/公文:国語FI 76~78の『ことわざの論理』に苦戦

2017年10月(小2)


2017年10月26日(木)。

 

夕食前。

 

娘が朝に対応した公文国語FI(=小6前半)のプリント。『ことわざの論理』を題材にしたものですが、娘は苦戦したのか、抜き出せていない問題もありました。

 

娘:「言葉が難しいので、意味が良く分からない部分もある。」

 

これまで公文国語を進めてきて、初めて壁にぶつかった模様です。

 

国語の文章は、

 

①物語文

②説明文

③随筆文

 

に大別されるようですが、このプリントは説明的随筆文に該当する内容です。

 

「情けは人の為ならず」は、「情けは相手をスポイルするからダメ」ではなく、「情けをかけて得するのは相手ではなく、間接的にはねかえってくるので将来的に自分だ」という意味であるが、この誤解にまつわるお話。

 

娘の話を分解して聞いていくと、「情け」や「行為」の意味を理解していない様子。なるほど~。語彙力不足が文章の意味を取れなくなる仕組みって、こういうことなのね。

 

僕:「辞書を引いて調べてごらん。」

 

娘:「うん。"情け"は、、思いやりか。"行為"は、、しようと思っていること。"間接的"は、、間になにか入ることね。直接の反対。」

 

・・・ということで、辞書の活用が始まりました。今後は意味を知らない語彙は、辞書を引いて自分で解決してもらいましょう。

 

=quote=

そこでもう一度考えてみた。たしかに青年たちの使い方はいまのところまちがっている。しかし、これまで公認の意味にしても、このことわざは、あまり感心しない倫理をはらんでいる。【人に親切にするのは、実は我が身かわいさの間接的行為である】、と言っているのだ。こういう気持ちで情けをかけるのは不純である。

=unquote=

 

問題:「筆者によれば【】部分のような気持ちでかける「情け」は、どんな情けですか。→[xx]な情け。」

 

僕:「【】部分は、良い意味、悪い意味?」

 

娘:「悪い意味だね。"あまり感心しない倫理をはらんでいる"と書いてあるから。倫理の意味が良く分からないけど、あまり感心しないとあるから悪い意味だね。」

 

僕:「文章の中で悪い意味で使っていることばを探してごらん。」

 

娘:「うーん。。。あ、そうか。不純?"不"は悪い意味で使っていると思う。純は、純白みたいに使うから、きれいということね。(ぶつぶつ)」

 

辞書引きは楽しいようです。漢字が分かるからだろうな。漢字が分からないと、苦痛に漢字ると思います。

 

 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:上位7%【2017年10月確認テスト】

②公文数学:G教材(=中1)【2017年3月24日から】

③公文国語:FI教材(=小6前半)【2017年9月24日から】

④漢字検定:5級(=小6)【2017年10月15日に5級合格(自己採点)】

⑤トップクラス算数徹底理解編:小2【2017年8月4日から】

⑥きらめき算数脳:小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki