小2/スキー:2017-2018シーズン/1回目(パラレルターンへ)

2017年12月(小2)


2017年12月25日(月)~28日(木)。
 
今年の初滑りに行ってきました。
 
1. 娘のスキーキャリア

(1)年中(2014-2015シーズン)

①1回目:リーシュ付きで雪遊びスキー(2日)

合計:2日間

 

(2)小1(2016-2017シーズン)

①1回目:リーシュ付きでボーゲンの練習(1日)

②2回目:ボーゲンをマスターし自力滑走可能に(2日)

合計:3日間(累計:5日間)

 
(3)小2(2017-2018シーズン)
①1回目:今回(2日)
合計:2日間(累計:7日間)
 
2. 今回の内容
昨シーズンの段階で、ボーゲンの直線番長で急斜面の上級者コース(コブ無し)をガリガリ削り取りながら自力滑走可能になりました。今年は、パラレルターンの習得がゴールとなります。
 
以下順序で練習しました。
 
①急斜面でのプルークボーゲンでのロングターン
直線番長だとスピードコントロールに失敗すると怖い思いをしますので、ロングターンにてスピードをコントロールする技術を学びました。
 
②緩斜面でのプルークボーゲンでのショートターン
シュテムターンでのショートターン。ボーゲンなので、ターンの際に後ろが開きます。使うエッジは内側のみ。
 
③緩斜面でのパラレルターン
今回のゴールです。ターンの際に、後ろが開きません。ターンで使うエッジは、曲がる方向のみ(左にターンするならば、左スキー板の外側と、右スキー板の内側)。まだ娘は、ブーツを傾けてエッジを雪面に食わせるところまではできていませんが、練習を詰めば感覚が分かるようになるでしょう。
 
・・・尚、昨シーズンまでは、大したこともしていなかったので、僕もスキー理論を勉強する必要はありませんでした。しかし、パラレルの世界に入ってくると、親として最低限のことは勉強しておかないと指導の効率が落ちそうな予感。僕はそれなりに滑ることができるのですが、ちゃんと指導を受けたことが無いので、エッジの使い方が違うことも、娘を見ていて気が付きました。自分で、試しに、ボーゲン→パラレル→ウェーデルンと滑ってみると、たしかにエッジの使い方が違う。。
 
用語の理解も怪しいので、ちゃんと本を読んでみようと思います。
 
 

★現時点の立ち位置:

①サピックス:上位7%【2017年10月確認テスト】

②公文数学:上位0.5%/G教材(=中1)【2017年3月24日から】

③公文国語:上位2%/FII教材(=小6後半)【2017年12月1日から】

④漢字:漢字の要【2017年12月9日から(2017年10月漢検5級合格済)】

⑤トップクラス算数徹底理解編:小3【2017年12月10日から】

⑥きらめき算数脳:小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki