新小3/トップクラス3年:つるかめ算と2元連立方程式

2018年02月(新小3)


2018年2月2日(金)、夕食前。

 

トップクラス3年(徹底理解編)のp.135。

 

=quote=

50円切手と80円切手をあわせて15枚買ったら、代金の合計は840円でした。このとき、50円切手は何まい買いましたか。

=unquote=

 

面積図で解いた後に、

 

僕:「こうしてごらん。

 

50円切手をx枚、と80円切手をy枚、あわせて15枚買ったら、代金の合計は840円でした。このとき、50円切手は何まい買いましたか。」

 

娘:「???。」

 

僕:「今は分からなくていいよ。こうしたら、どうでしょう。

 

x + y = 15

 

どう?」

 

娘:「あ!たしかに!」

 

僕:「これだけだと、分からないじゃん。これでこうする。

 

50x + 80y = 840

 

並べると、

 

x + y = 15

50x + 80y = 840

 

どうだろうか?」

 

娘:「あ!これならば、解けそう。」

 

・・・ということで、解く娘。

 

娘:「解けた。同じ答えになるね。なるほど。これでも解けるんだね・・・。」

 

意味があるかどうかは置いておいて、面白い実験でした。算数の才能に欠く娘ですが、公文が引き上げてくれた「処理力」の訓練で、結果的にある程度抽象的な考え方もできるようです。いや、違うな。考え方ができるというのではなく、作業はできる。考え方はできない。15枚という単位と、840円という単位を同列に扱うんですね。深い。

 

思うに、文字式に変換できるかどうか、で、子供の抽象的思考能力を測定できるような気がします。文章題という具体的事例を、文字式という抽象的世界に落とし込む。ただ、小2の2月で2元連立方程式はオタクの世界。実験ツールとして具備している例が少ないので、検証はできませんが。〇とか△でやればできるのかもしれませんけど。

 

低学年は暇なので、こういう実験もできて楽しいですね。そして、公文数学は、「処理作業」の鍛錬を予め積んでおくことで、子供の精神年齢が上がってきた時に、「ああ、そういうことだったのか!」という形で気付きが産まれるようにも思う。

 

 

★現時点の立ち位置(塾以外):

①公文数学:上位0.5%/H教材(=中2)【2018年1月19日から】

②公文国語:上位2%/GI教材(=中1前半)【2018年2月2日から】

③漢字:漢字の要【2017年12月9日から(2017年10月漢検5級合格済)】

④トップクラス算数徹底理解編:小3【2017年12月10日から】

⑤きらめき算数脳:小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki