新小3/朝の筋トレ:2018年2月27日(火)のまとめ

2018年02月(新小3)


2018年2月27日(火)、0600-のまとめ。

 

娘:「[気立て]のよいラッコは、みんなから好かれている。」(言葉力1200 p.148)

 

本日は絶好調。予習シリーズ4年の社会と理科の復習まで実施。これまでテキストには一切書きこみをしてきませんでしたが、理解してもらいたいキーワードのみ鉛筆で丸を付けることにしました。鉛筆ならば消すことが可能ですので。

 

それでも時間が余ったので、解きっぱなしになっていたキッズBEEトライアル1問の見直しを実施。キッズBEEの問題は、以下段取りで解いています。

 

①娘が自力で解く。

②解けなければ、ヒントを与える。このヒントが極めて重要で、論理的思考プロセスで「欠けている」ピースだけを与えるもの。やり方を教えるのではない。

③どうしても解けなければ、一旦放置する。

④時間経過したあとに解きなおす。

 

尚、キッズBEEはテキストをそのまま使い、書きこみがると、復習がやり辛い。よって、トライアルの回ごとにB4カラーコピーして冊子にしています。これならば娘でも扱いやすいし、書きこみも自由にできます。そして解くたびに、以下マークを付けています。

 

解けた時は、

 

 

解けなくてヒントを出したときは、

 

×

 

それで解ければ、

 

×

 

となります。トップクラス2年、3年をやっているときには、ヒント記録は残していないので、これを修正。トップクラスにはヒントも何もないですけどね。あまり考える問題ではない、直球算数ですので。

 

朝に理科社会まで回すことが、極めて重要だと思うに至りました。復習の回数が、週末に1回だけなのか、毎朝なのか、ではそりゃ効果も違います。その時間捻出が可能なのは、簡単な話で、「漢字を既に知っている」、「計算が速くて間違えない」からです。新小3になって理解しましたが、漢字と計算を小1~2でさぼっていた場合は、本来すべき思考力系算数に時間を割けない、ということ。新小3ともなると、脳みそもだいぶ発達してきます。娘を見ていると、1年前と大違いです。この成長機会に、漢字と計算に時間を費やすというのは、時間の使い方としても有効ではないと痛感。

 

■朝メニュー
・考えこまずに筋トレする時間。
・平日0600-登校。土日0600-1000でトップクラス3年を追加。

①塾教材:必要に応じて
②公文国語GI(中1前半):3枚
③公文数学H(中2):3枚
④マスター5年:1日分(3問)
⑤言葉力1100:2ページ読む
⑥言葉力1200:2ページ読む
⑦言葉ナビ:2ページ読む
⑧漢字の要:1ページ書き取り
⑨計算視力カード:1回
 

 

★現時点の立ち位置(塾以外):

①公文数学:上位0.5%/H教材(=中2)【2018年1月19日から】

②公文国語:上位2%/GI教材(=中1前半)【2018年2月2日から】

③漢字:漢字の要【2017年12月9日から(2017年10月漢検5級合格済)】

④計算:マスター5年【2017年12月22日から】

⑤直球算数:トップクラス算数徹底理解編小3【2017年12月10日から】

⑥思考算数:きらめき算数脳小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki