小3/公文:2019年3月末までの毎日の枚数を決定

2018年04月(小3)


2018年4月20日(金)。

 

ついに今日から15枚/weekでの公文の開始です。公文の取組を振り返ると、以下の通りとなります。

・2015年10月(年長):
★公文開始(5枚/day)

算数4A、国語4A

・2016年04月(小1):
数学B(=小2)、国語AII(=小1後半)

・2017年04月(小2):
★公文ペースを5枚/day→3枚/dayに変更

数学G(=中1)、国語DII(=小4後半)

・2018年04月(小3):
★公文ペースを3枚/day→2枚/dayに変更
数学H(=中2)、国語GII(=中1後半)

・・・毎年4月にスローダウンしていますね。高進度になると1枚あたりの負荷が高まるので、枚数調整することでペースを作ることになります。このペースでいくと、来年、2019年4月(小4)になったら恐らく、2枚/day→1枚/dayにペースを落とすことになりそうですね。そして、たぶん、2019年4月には数学はJフレンズになっているものと思われる。1枚ならば時間的にもかかりませんので、4~6年も継続できるかもしれません。公文は辞めたら忘れてしまうようですから、継続することが大事。中学受験が終了した瞬間に(2022年2月)、中学分野の方程式や計算が完成されており、高校数学にも足を突っ込んでいることになる。恐ろしや。

 

・・・さて、今宵考えるのは、15枚/dayの毎日の配分。結局、公文は筋トレと同じで、以下条件があります。

 

①スラスラできるくらいが丁度良い。

②枚数をこなしても意味が無くなる上限がある。

③やらなかった日の筋トレは、永遠に取り返せない。

 

つまるところ、「同じ枚数を毎日毎日やり続ける」ことが最大効果を発揮するようです。3枚/dayですと忙しい金曜日の朝にできないことがありましたが、小3の1年間は以下ペースで公文で筋トレすることにします。

 

毎朝、国語→数学の順序で、

 

月:2枚

火:2枚

水:2枚

木:2枚

金:1枚(夕方に公文教室があるので)

土:3枚

日:3枚

合計:15枚

 

いろいろ考えましたが、このペース配分が最も効くと思われます。

 

漢字検定5級までの漢字学習の際にも、「漢字書き取り練習は2文字にするか、3文字にするか」を徹底的に考えましたが、同じ教材を使っても学習効果に差が出るのは、能力の差というよりは時間の使い方の差が大きいと思います。過去2年間を振り返ると、本当にそう思う。

 

継続は力なり。

 

ただし、やり方が大事。

 

 

★現時点の立ち位置(塾以外):

①公文数学:上位0.6%/H教材(=中2)【2018年1月19日から】

②公文国語:上位1.4%/GII教材(=中1後半)【2018年4月19日から】

③漢字:漢字の要【2017年12月9日から(2017年10月漢検5級合格)】

④漢字:漢検ステップ4級(=中学前半)【2018年3月31日から】

⑤計算:マスター5年【2017年12月22日から】

⑥キッズBEE:過去問【2018年2月25日から】

(以下はキッズBEE準備のために中断)

・直球算数:トップクラス算数徹底理解編小3【2017年12月10日から】

思考算数:きらめき算数脳小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki