小3/オオカマキリ:残党を飼育→アブラムシ探しの旅

2018年04月(小3)


2018年4月29日(日)。

 

娘:「あ、まだベランダにオオカマキリの子どもがまだいるね。飼ってみたいなあ。」

 

僕:「エサに何を食べるのかな。図鑑で調べてごらん。」

 

娘:「アブラムシとかの小さい虫だと思う。念のため、調べてみるね。(図鑑をみて)カマキリの幼虫がアブラムシを食べている写真があるから、アブラムシは餌になるね。探しにいこうよ!」

 

・・・ということで、公園に行きました。

 

昆虫ケース(※カブトムシ用なので、コバエが侵入できない細かいスリットがあり、カマキリは脱走できない)に土を入れて、

 

娘:「土の蒸気で白くなるね。だから、土があると温度が上がらないんだ。(ぶつぶつ)」

 

しかし、アブラムシがいない!公園のバラ科植物にはアブラムシがわんさかいるイメージでしたが、いない。農薬の影響かもしれません。公園はある意味において綺麗すぎますね

 

それにしても、今日は暑い。日差しも強い。必死にアブラムシを探している娘の眼が真剣そのものなので、僕も探したところ、ヒメジョンの花についているアブラムシを発見。

 

娘:「やった!」

 

とヒメジョオンを採集し、虫かごに格納。

 

自宅に持ち帰って以下を観察。

 

①オオカマキリの幼虫

1匹弱っていたので、双眼実体顕微鏡で観察。凄い迫力でした。もう死んでいるだろうと思っていましたが、胴体の中で体液が循環しているのが手に取るように分かりました。複眼も美しい。

 

②アブラムシ

娘:「おおおお、凄い!アブラムシも迫力あるね!

 

と大興奮。たしかに凄いです。ハルジョオンの茎に口の針を刺して、集団で吸っている。双眼実体顕微鏡の20倍はとても扱いやすいですね。

 

・・・そして、

 

娘:「あ!今、カマキリがアブラムシを捕まえた!食べてる!」

 

と観察して大興奮。

 

それにしても、カブトムシを飼うのは簡単ですが、肉食昆虫であるカマキリは餌の確保が大変ですね。

 

娘:「餌になるアブラムシをつかまえるにはどうしたらいいんだろう。。大きくなったら、チョウとかも必要なのかな。。(ぶつぶつ)」

 

と虫かごに釘付け。ゴリラ娘ならぬ虫愛ずる娘よ、没頭するのは良いことだ。

 

 

★現時点の立ち位置(塾以外):

①公文数学:上位0.6%/H教材(=中2)【2018年1月19日から】

②公文国語:上位1.4%/GII教材(=中1後半)【2018年4月19日から】

③漢字:漢字の要【2017年12月9日から(2017年10月漢検5級合格)】

④漢字:漢検ステップ4級(=中学前半)【2018年3月31日から】

⑤計算:マスター5年【2017年12月22日から】

⑥思考力算数:キッズBEE過去問【2018年2月25日から】

⑦思考力算数:明日への算数【2018年4月29日から】

(以下は2018年6月キッズBEE大会準備のために中断)

・直球算数:トップクラス算数徹底理解編小3【2017年12月10日から】

思考算数:きらめき算数脳小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki