小3/公文:数学H136の多項式の乗法の展開(写し間違いへの対処法)

2018年05月(小3)


2018年5月12日(土)、朝。

 

単なる展開ではあります。

 

=quote=

多項式の乗法

 

次の式を展開しなさい。答えはXの降べきの順に書きなさい。

 

(X-7)(2X^2-X+5)=

(2X+1)(2X^2-X+5)=

(2X-3)(X^2+2X+3)=

=unquote=

 

順繰りに掛けていくだけですが、たまに間違えます。どこで間違えているのかを見ると、足し合わせるときに漏れていたりする。「写し間違い」と同じ問題で、結局、作業の正確性を担保できていないことを意味します。

 

教材自体は数学Hなので中2分野(※実際の中2がこんな簡単な計算練習ばかりするわけではないので、"中2相当"ではなく"中2分野")。しかし、やっていることは、

 

「左手に〇×の碁石セットがある。右手に△□◎の碁石セットがある。全ての組み合わせを書き出しなさい。」

 

ということと同じであり、小学校低学年レベル。つまり、このレベルで作業の正確性を担保できていない。

 

妻:「写し間違いや、作業の整理で、この間、悔しい思いをしていなかったっけ。」

 

僕:「1月のサピックス組分けだね。」

 

娘:「覚えていない。

 

僕:「さんざん泣いたじゃん。悔しいって(笑)。ほら、これだよ、これ。どこが間違えている?」

 

娘:「・・・見間違えたり、写し間違えたりしてるね。。たしかに。。」

 

公文だろうが苦悶だろうがカモンだろうが、なんでも良いと思いますが、細かい作業をきっちり行い、整理整頓して体系化するような作業って、普遍性がありそうですね。なんとなく、プラモデルの組み立てを思い出しました。

 

僕:「きちんと作業するしかないよ。この点については、パパは教えられない。きちんと作業しないで痛い思いをするのは君だ。丁寧にやることだね。公文数学Hの訓練は意味があると思う?」

 

娘:「毎日気を付けて作業することになるから、意味があると思う。」

 

 

★現時点の立ち位置(塾以外):

①公文数学:上位0.6%/H教材(=中2)【2018年1月19日から】

②公文国語:上位1.4%/GII教材(=中1後半)【2018年4月19日から】

③漢字:漢字の要【2017年12月9日から(2017年10月漢検5級合格)】

④漢字:漢検ステップ4級(=中学前半)【2018年3月31日から】

⑤計算:マスター5年【2017年12月22日から】

⑥思考力算数:キッズBEE過去問【2018年2月25日から】

⑦思考力算数:明日への算数【2018年4月29日から】

(以下は2018年6月キッズBEE大会準備のために中断)

・直球算数:トップクラス算数徹底理解編小3【2017年12月10日から】

思考算数:きらめき算数脳小3【2017年10月1日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki