小3/コメントへの回答:四谷もサピックスもさん(先取り効果への考察、続き)

2018年07月(小3)


2018年7月1日(日)。

 

=quote=

>四谷もサピックスもさん

 

延々続けてるこの話は、結局、何が言いたいんだということなんですが、要は10年以上も先を読んで低学年期の教育方針を決めるのも無理ですよね、という当たり前の話になってしまいます。

英語の先取りはやった方がいいには決まっていますが、ドメ学歴エリートとバイリンガルどちらか絞れと言われても正解はない(ドメの方が可能性が広い気はする)。

桜蔭は入れた方がいいが、入れるのと入れないので、何か決定的に違うかと言うと、あまりない。なぜなら、東大合格者比率は桜蔭が高いかも知れないが、桜蔭で平均レベルだと早慶だが、逆に準御三家でも毎年必ず10名弱は東大に入る、否、晃華や横浜共立でも毎年東大合格者はいますね。

 

これは、入口での桜蔭との偏差値の差を考えると、桜蔭に行くことが、大学受験に有利という前提を疑わせるに十分なデータに思われます。

(つづく)

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

・全統小とキッズBEEで敗北し、現学年に回帰しサピックス7月組分けにフォーカス中。

①公文数学:H教材(=中2)/上位0.5%【2018年1月19日から】

②公文国語:GII教材(=中1後半)/上位1.1%【2018年4月19日から】

③思考算数:きらめき算数脳2年の復習【2018年6月30日から】

④直球算数:四谷ジュニア予習シリーズ3年上【2018年6月30日から】

⑤漢字:3年生を総復習(漢検・Z会・学研)【2018年6月15日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki