小3/語彙力:戦略転換後のメニューを整理

2018年07月(小3)


2018年7月15日(日)。

 

全統小とキッズBEEの敗北を受けて、現学年へ戻るという大きな戦略変更を6月14日にしてから、サピックス7月組分け、四谷7月リトルスクールで試し、方針が大きくは間違えていないことを確認しました。国語の語彙力系、つまり漢字・慣用句・ことわざを1問も落としていません。

 

言葉ナビ上巻の「実践問題編」を解いてもらったところ、9割できているし、間違えた問題も解きなおしてもらったらほぼ出来ていました。ということで、やり方が大きく間違えていることもなさそう。

 

・・・いろいろ分かったことがあるので、整理して記録に残しておきます。語彙力系は、とにかく地味な積み重ねが効きます。いや、地味に積むしかない

 

(1)語彙力系テキストを進める前提条件

とにかく、小6までの1,006字の漢字を一回転させてしまうべき。

 

漢字検定5級(=小6)に合格する70%正答率レベルで十分です。この70%正答率レベルでは、大手塾のテストでは太刀打ちできませんが、言葉ナビ等の語彙力系テキストを進めるには十分な漢字力です。漢字という基礎中の基礎を押さえずして、語彙力系テキストをやるのは効率が悪すぎると思います。中学分野の漢字も多数出てくるのに、小学分野の漢字が覚束ないのは痛い。

 

(2)やり方

小1の5月からいろいろ試しましたが、以下やり方が良い。少なくとも娘の場合は。

 

丁寧に音読する。文字を見て、聞いたことがある音を増やす。これを、時間をかけてじっくりやることが後々効いてくる。地味で面倒ですが、低学年はこれをやりこむことが大事だと思う。低学年は暇だから、この基礎をじっくりできる。

 

②音が入ってから、赤シートなどで隠して理解を確かめていく。これは上記①の蓄積がないままやってもあまり効果ない。

 

③テストで確認する。これは最後の仕上げに近い。

 

・・・時間投資比率でいうと、①:②:③で、8割:1割:1割、くらいだと思います。音読が大事!

 

(3)現時点の教材

先取り戦線を拡大しきってしまっていた、4月29日の記録は、僕が読んでも分かり辛い。大局が掴めない記録は意味がありませんね。反省。

 

現在は以下の通り。今後はコンパクトに記録。

 

■語彙力トラックレコード(2018年7月15日現在)

 

(1)漢字(小2の2017年10月に漢字検定5級(=小6)合格。現在、現学年の復習。)

(2)言葉力1100(小1の2016年5月から。現在、7回転目。)

(3)言葉力1200(小2の2017年5月から。現在、4回転目。)

(4)言葉ナビ上巻(小2の2018年1月から。現在、熟語以外を3回転目。)

 

【一旦中止(2018年6月14日の判断)】

(1)漢字の要(1回転目:2017年12月→中止)

(2)ステップ4級(1回転目:2018年3月→中止)

(3)言葉ナビ下巻(1回転目:2018年4月29日→中止)

 

 

★現時点の立ち位置:

・塾アドバイスに従い現学年カリキュラムを深堀りしつつ、夏休みは公文を進める。

①公文数学:H教材(=中2)/上位0.5%【2018年1月19日から】

②公文国語:GII教材(=中1後半)/上位1.1%【2018年4月19日から】

③思考算数:きらめき算数脳2年の復習【2018年6月30日から】

④直球算数:四谷ジュニア予習シリーズ3年上【2018年6月30日から】

⑤漢字:3年生を総復習(漢検・Z会・学研)【2018年6月15日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki