小3/公文:平成29年度開成の計算問題を解いて分かったこと

2018年08月(小3)


2018年8月5日(日)。

 

試しに娘に解かせてみました。

 

====

平成29年度 開成中学校

 

35/3 x ([xx] x 1.4 + [xx]÷1/2 + 20)÷7/60 = 2017

※[xx]は同じ数

====

 

余裕でできるでしょう、と思って洗濯物を干す家事をして戻ったけど、5分経過してもできていない。

 

あれ?

 

娘:「で、できない。。」

 

計算式を見て、僕も愕然としました。

 

①公文数学Gでやった文字式の扱いができていない。

②公文数学Gでやった1次方程式の処理ができていない。

 

こりゃダメだ~。

 

記録をみると、そういえば、2018年1月に公文数学Gを卒業して以来、そういえば簡単な1次方程式を解いていない。半年以上やっていないわけですが、この間に抜けてしまったようです。

 

娘に1次方程式の簡単な問題を与えて、解かせて思い出させた後に、開成の計算問題を解かせたらスラスラ解けました。

 

娘:「簡単じゃん。あー、私、方程式抜けちゃってるね~。」

 

そう、簡単なんだよ。だから、このままではまずいんだよ!

 

結論として、以下が学びです。

 

①計算はできて当然というマインドセットを、僕は捨てるべきである。漢字と同じで、できない問題が出てきたら「宝」だと思うようにする。

 

②公文数学G以後の進め方は、気を付ける必要ある。娘は数学Hの因数分解を極めつつあるが、半年以上前にやった数学Gの1次方程式が怪しくなっていることが、今回実験により証明されてしまった。娘は1回やったら忘れないような能力の持ち主ではないが、サピックスでメダルを獲得するレベルでも、こんなありさま。低学年サピックスが測定する学力レベルもあてにならない。

 

・・・ともかく、開成の問題に感謝です。楽観的に考えていた僕の失策。数学Hの終了テストに合格したら、数学Gの各分野のプリントを復習させたいと思います。

 

「真に理解していれば、忘れないでしょ」とも思うのですが、低学年にそこまで求めるのは厳しいと思いました。上達も早いが、抜けるのも早い。だからこそ、忘れかけた頃に復習をすることが重要。僕は、それを怠った。

 

 

★現時点の立ち位置:

・塾アドバイスに従い現学年カリキュラムを深堀りしつつ、夏休みは公文を進める。

①公文数学:H教材(=中2)/上位0.5%【2018年1月19日から】

②公文国語:HI教材(=中2前半)/上位1.1%【2018年7月20日から】

③思考算数:きらめき算数脳3年【2018年7月31日から再開】

④直球算数:四谷ジュニア予習シリーズ3年上【2018年6月30日から】

⑤漢字:3年生を総復習(漢検・Z会・学研)【2018年6月15日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki