小3/博物館/028~047:北海道ツーリング2018での博物館等

娘の博物館等の訪問


2018年8月18日(土)。

 

もはや何をもって「博物館等」と定義すべきか分かりませんが、カウントしておきます。

 

①函館

・028:五稜郭タワー(五稜郭歴史回廊)

→上から見ないと五稜郭の形は分かりません。ミニチュアによる展示も良し。

 

・029:五稜郭(函館奉行所)

→僕の期待値を大きく上回りました。必見。16億円かけて復元したそうです。

 

・030:土方歳三最期の地

→ファンの聖地。

 

・031:八幡坂

→歩かないと傾斜が分からない。

 

・032:旧函館区公会堂

→ハイカラ衣装館も良いけれど。

 

・033:函館ハリストス正教会

→ニコライ神父。

 

・034:函館山ロープウェー

→夜景も良いが、砂州の形成が良くわかる。

 

・035:トラピスチヌ修道院

→女子修道院。マドレーヌ目当てではありませんよ?

 

②函館→千歳への移動

・無し

 

③千歳

・036:千歳水族館

→北海道の淡水魚が良くわかる。サケは千歳川の中が見られる。サケの遡上を目視で確認できたので勉強になった。

 

④石狩平野

・037:三日月湖である「しのつ湖」観察

→石狩川、石狩平野、泥炭、そして三日月湖。地上からみると三日月には見えないので、Google Mapでも観察。

 

⑤札幌

・038:北海道開拓の村

→必見。素晴らしいです。富岡製糸場は真剣に展示内容を再考したほうが良い。北海道開拓の村は養蚕場を再現しているのだから。屯田兵の生活や、鰊漁における青山家など。

 

・039:北海道博物館(常設展)

→旧石器時代、縄文時代、弥生時代、古墳時代、、、というのは本州の時代区分。北海道は縄文時代以後は独自の区分。「アイヌ文化の世界」は秀逸。

 

・040:北海道博物館(松浦武四郎特別展)

→「北海道」の名付け親。記録収集に関する熱量に驚くばかり。2018年8月15日という150年目にこの特別展を訪問できたのは嬉しい。

 

・041:北海道大学植物園(タロの剥製と、エゾオオカミの唯一の剥製、温室、北方民族資料室等)

→娘が「タロに会いたい」とのことで訪問。エゾオオカミの剥製が2頭しか残っていないことに驚きました。北方民族資料室では「熊送り」の映像。

 

・042:北海道庁旧本庁舎

→星マーク。

 

・043:札幌市時計台

→改修中なので大きさだけ確認。

 

・044:北海道大学の研究室見学

→御多忙の中、ありがとうございました。

 

・045:北海道大学総合博物館

→北大キャンパス内にある博物館です。各学部の説明が面白い。

 

・046:羊ケ丘展望台でのクラーク博士像

→一瞬ですが晴れになり、展望を楽しむとともに芝生で遊ぶ。

 

・047:円山動物園

→ホッキョククマの展示スペースが更新されていました。ヒグマ、シンリンオオカミが近い。

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

 

★現時点の立ち位置:

・塾アドバイスに従い現学年カリキュラムを深堀りしつつ、夏休みは公文を進める。

①公文数学:H教材(=中2)/上位0.5%【2018年1月19日から】

②公文国語:HI教材(=中2前半)/上位1.1%【2018年7月20日から】

③思考算数:きらめき算数脳3年【2018年7月31日から再開】

④直球算数:四谷ジュニア予習シリーズ3年上【2018年6月30日から】

⑤漢字:3年生を総復習(漢検・Z会・学研)【2018年6月15日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki