小3/RISU算数:地味に進めています

2018年08月(小3)


2018年8月19日(日)。

 

娘にRISU算数を地味に進めて貰っていますが、ステージ34の割り算まで来ました。

 

ステージ38の「万より大きい数字」を見ていると、タブレットならではの問題作成になっており、紙を補完する位置づけになると思います。

 

RISU算数は、①「小1~小3コース」、②「小4~小5コース」、③「アドバンスモード」の3つの構成になっています。画面上に出てくるのでコースの存在は分かるのですが、①を片付けないと②が見れない仕組みになっています。どういう問題構成になっているのか、気になるところです。

 

ここまでRISU算数を進めてみて理解したことは、①弱い単元の洗い出しに良い、②子供が一人で進めることができるので、丸付けなどの時間を取れない家庭には武器になる、③タブレットなので理解を深めるに良い、ということ。

 

反面、RISU算数に期待してはいけないのは、公文のような計算の大量演習をするわけではないので(※タブレットなので当然なのですが)、計算そのものを習熟させる教材ではないということ。公文なりドリルなりの教材をやり込んだ上で、RISU算数を使って穴埋めをするのが良いかなと思います。というか、そんなの当たり前か。

 

地味に進めて「小1~小3コース」で現学年のおさらいをしてから、「小4~小5コース」に進めたいと思います。

 

 

★現時点の立ち位置:

・塾アドバイスに従い現学年カリキュラムを深堀りしつつ、夏休みは公文を進める。

①公文数学:H教材(=中2)/上位0.5%【2018年1月19日から】

②公文国語:HI教材(=中2前半)/上位1.1%【2018年7月20日から】

③思考算数:きらめき算数脳3年【2018年7月31日から再開】

④直球算数:四谷ジュニア予習シリーズ3年上【2018年6月30日から】

⑤漢字:3年生を総復習(漢検・Z会・学研)【2018年6月15日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki