小3:秋になって同学年の努力量について思うこと

2018年09月(小3)


2018年9月9日(日)。

 

このブログがきっかけで、色々な方と知り合うことができています。

 

お互いの情報交換も含めてやり取りがあり、腹を割った話をするので分かるのですが、成績がずば抜けて良いお子さんって、僕から見るとちょっと信じられないくらいの努力をしています。いや、正確には、努力ではないかもしれません。正しくは、「こなしている物量」というべきでしょうか。時間をかけているか、または、速い。まだ小3なのだが。

 

学校生活や習い事も含めた日常生活を送りながら、娘よりも遥かにこなしている。頭が上がりません。

 

小3のサピックス各校舎の最上位クラス近辺の様子を聞くと、あることに気が付きます。みんな、お友達。問題は、この状態が今後も継続するのかどうか。継続するとしたら、結局、小1と小2の秋から冬にかけての保護者の判断がとても重要だったことを意味します。

 

大衆化しつつあると言われるサピックスですが、その戦略は実にスマート。

 

 

★現時点の立ち位置:

・低学年最後の年なので、公文を進める。

①公文数学:I教材(=中3)/上位0.5%【2018年8月31日から】

②公文国語:HI教材(=中2前半)/上位1.0%【2018年7月20日から】

③思考算数:きらめき算数脳3年【2018年7月31日から再開】

④漢字:3年生を総復習(漢検・Z会・学研)【2018年6月15日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki