僕の学び:フォトン算数クラブの入塾テスト(2018年11~12月)についての予想

2018年09月(小3)


2018年9月15日(土)。

 

現在小3の娘が机を並べている同級生をみていると、「フォトン算数クラブ」や早稲アカの別ブランドである「SPICA(スピカ)」といった算数塾の生徒さんの活躍が凄い。

 

サピックスの殿様商売っぷりもスマートである。カッコウの托卵。いや、サピックスと算数塾が相互に顧客を鍛えあい、お互いの実績になるのだから、共生というべきかもしれない。これが2015年くらいから開始した最新トレンドであり、もはや、これまでの経験則が通用しない世界に業界が進化しつつあると感じます。

 

・・・2018年6月に「僕の学び:フォトンの入塾テスト案内についての考察(2019年2月入塾組)」という記事を書きましたが、最新情報を確認してみました。

 

2018年11月に品川プリンスホテルの大会場で説明会を実施するのは変わらず、11月1日に詳細が発表される予定のようです。小2の大手塾のテスト体系にて整理した通りですが、スピカとかフォトンの入室テストを受けない、、、というのは勿体無いと思います。通える範囲にフォトンがあるのに、テストすら受験しないというのは僕は理解できない。なぜならば、小1と小2の11~12月のチャンスしか無いから。スピカはチャンスがたくさんあります。

 

=quote=

(3)直球算数のリトマス試験紙

①フォトン入塾テスト

自由が丘、白金高輪、日本橋の3校舎があります。2017年11~12月の戦いは結構シビアだったので(倍率5倍前後と記憶)→「3~4倍」が正しい模様)、今年は更にシビアになることでしょう。各校舎により校舎数は違ったはずですが、1クラス12名の少数精鋭。受験しても順位や偏差値は分からず、点数しか分かりません。また、どうしても入塾したい人がいるのに、お試し受験で合格して断るのもなんですが、繰り上がり合格の喜びが増えるので、それはそれで良いと思う。繰り上がり合格した人の方が、一度痛い目に遭ったことになり、健全な危機感を持つのではなかろうか。とはいえ、2018年11~12月の戦いは、1) 品川駅近くの説明会の予約確保、2) 入塾テストの予約確保、だけで、実は相当数がテスト受験にすら到達できないと予想します。予約はオープンした10分以内に完了させましょう。

=unquote=

 

・・・去年の小2の11~12月の試験は、倍率が5倍前後3~4倍だったのですが、今年は6~7倍になるものと予想します。サピックスで最上位クラスをキープしているお子さんでも、たぶん合格するのは簡単ではなくて、夏に、愚直に小1~2のトップクラス算数などの直球算数基礎を潰してきたお子さん同士の戦いになると予想します。キッズBEEを希釈したサピックスのなんちゃって思考力算数ではなくて、王道算数のテストなので、努力量がきちんと評価されるテスト。

 

僕が倍率6~7倍に留まると予想する根拠は、テスト会場の制約から、そもそも申込段階で満杯になってしまい、入室テストを受験するチャンスを得ること自体の競争になるだろうからです。実際には10倍以上の倍率だと思います。申込開始してから30分以内に勝負が付くでしょう。平日の夕方とかそういう時間帯でのテスト枠は余るかもしれませんが、60分の長いテストを学校で疲れ切った子供に挑戦させたいと思う親はいないはずです。小2ですと、大手塾の算数のテストは30分間が標準ですので、倍です。専門家たちは、小2の家庭学習時間は「2年生 x 10分 = 20分」と言う意見が多いですが、緊張感の無い家庭学習での20分に慣れている子供が、60分の一発勝負で集中力を発揮できるとは到底思えません。

 

入室会場を増やせない理由は、小1~2のお子さんが使える子供用の椅子と机を備えた貸し会議室が存在しないから。既存の教室しかテスト会場に使えないことから、これがボトルネックになっている。でも、四谷大塚の全統小とかは、大人サイズの椅子に座らせてテストしているので、フォトンが必要以上に拘っているようには思える。しかし、子供が集中できる環境でテストの機会を与えたいという思想には共感する。子供の貴重な時間を使うことになるので。

 

・・・詳細が発表される11月1日は木曜日。共働きには厳しい平日です。何時に更新されるかも発表されていないのは不親切だと思いますが、たぶん公表されないので、フォトン算数クラブに関心ある保護者は今から準備をした方が良いと思います。

 

たぶん、11月1日に説明会の概要が発表され、それと同時に入塾テストの予約もオープンするのではないかと想像。皆さん、週末も含めて忙しいでしょうから、11~12月に入塾テストをするならばそうせざるを得ない筈。説明会→テスト予約、の段取りにはしないと思われる。

 

【追記】

コメント頂戴しましたので紹介させて頂きます。

 

=quote=

はじめまして。今年よりフォトン生保護者です。(割愛)
 

我が子はくもん無し、最レベ無し、トップクラス無し、塾の模試等一切経験無しで、(パズル道場は好きで上級までやりました。)入塾試験を受けました。算数の勉強は幾何と代数を私が
ざっくり教えた程度で、1日の大半を楽器の練習とある習い事の研究と読書に費やしており、
今も習い事の隙間時間にフォトンという流れで取り組んでいます。(割愛)、高学年になるまでは、そのようなスタンスでよしと考えております。

このような緩い塾生もいるということでお知らせまでに書かせていただきました。乱筆失礼いたしました。

=unquote=

 

 

★現時点の立ち位置:

・低学年最後の年なので、公文を進める。

①公文数学:I教材(=中3)/上位0.5%【2018年8月31日から】

②公文国語:HI教材(=中2前半)/上位1.0%【2018年7月20日から】

③思考算数:きらめき算数脳3年【2018年7月31日から再開】

④漢字:3年生を総復習(漢検・Z会・学研)【2018年6月15日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki