小3/RISU算数:ステージ45「計測」の問題を見て思うこと

2018年09月(小3)


2018年9月17日(月・祝)。

 

RISU算数の最大のメリットは、オンラインでのタブレット教材であることから、親が丸付けをする必要が無いこと。親としては極めて楽なのですが、実はこれは問題でもあります。なぜならば、「親は子供がどのような問題を解いているのか把握せずに済む(つまり、把握しようとしないとできない)」からです。

 

・・・最近、僕の方では問題をチェックしていなかったので、小1~小3コースの最後の方にあるステージである、「ステージ45:計測」の全部の問題をクリックして見てみましたが、基礎に特化して良くできているなあと思いました。

 

=quote=

・もんだいC-1

図を見て答えましょう。

 

たろうくんの家から学校までの道のりは、何km何mでしょうか。

また、家から学校までのきょりは何km何mですか。

 

通る道にそってはかった長さを「道のり」、一直線にはかった長さを「きょり」と言います。

 

[図がある]

=unquote=

 

ステージ45のもんだいC-4では、結構実践的な問題であり、日能研のテストに出てきそう。そうして案外間違える。

 

公文算数は算数ではなくて、「計算処理」。サピックス算数は算数ではなくて、「試行錯誤問題」。トップクラスは「(難易度の高い)直球算数」。あるようで無いのが、「基礎的な直球算数」。

 

タブレット教材は他にも、「スマイルゼミ」・「進研ゼミチャレンジタッチ」・「学研ゼミ」などがあり、僕はこれら全てを試したわけではありませんが、恐らくRISU算数と同じで、基礎的な直球算数をやるのかなと想像します。

 

これらタブレット教材だけやっていても、計算力や基礎的な直球算数力が身につくとは思えませんが(量が少ないので)、①自然な形で先取りすることで概念を先に学ぶ、②苦手な単元を発掘する、といった使い方は意味があると思います。

 

公文プリントで算数が嫌いになってしまったり(あれは算数ではなくて計算処理なのだが)、親が自宅でじっくりと子供を見れない、という家庭環境の方には選択肢の一つになると思いますけどねえ。RISUは「算数の先取り」をアピールしているけど、マーケティングの方向性を間違えている気がしなくもない。先取りは目的ではなく、日々の穴埋めの結果でしかないと思うのですが。

 

・・・と、つらつら考えている間に、娘が小4~6のステージ46「億・兆と整数・小数」の「もっともっと大きな数の数え方」のピラミッドを見て、

 

娘:「一京、十京、百京、千京、、、、千不可思議、無量大数!」

 

と全部読み上げて、勝手に盛り上がっていました。

 

 

★現時点の立ち位置:

・低学年最後の年なので、公文を進める。

①公文数学:I教材(=中3)/上位0.5%【2018年8月31日から】

②公文国語:HI教材(=中2前半)/上位1.0%【2018年7月20日から】

③思考算数:きらめき算数脳3年【2018年7月31日から再開】

④漢字:3年生を総復習(漢検・Z会・学研)【2018年6月15日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki