小3/公文:数学GからHの復習を実施(復習プリント5枚の選定)

2018年10月(小3)


2018年10月14日(日)、朝。

 

時間に余裕がまだある低学年最後の年ということもあり、公文数学を進めています。目標は、2019年1月末までに数学J10に到達し、Jフレンズになること。しかし、2018年8月31日から数学Iに入り、現時点でI50なので、この達成は厳しそう。

 

公文数学を進めるのは時間を使えば容易ですが、問題はその維持。特に小1~2の低学年のうちは一度理解してできるようになったことも、忘れるのも早い。小3の夏を過ぎると、忘れなくなる印象ですが、それでも親による維持のマネジメントが必須。

 

暫く前に、復習に適した数学H1~20と数学I1~20のプリントを公文先生から頂き、適宜コピーを取って解くことを立案しましたが未実施でした。

 

・・・今日、改めて数学H1~20とI1~20を分析して分かったことは、結論として以下5枚のプリントだけやれば中2分野までの効率良い復習が可能だということ。

 

①数学I9a(式の展開)

(x +1)^2 =

(x +3)^2 =

(2x + 3)^2 =

 

②数学I10a(式の展開)

(x +3)(x -5) =

(x +2)(3x +1) =

(x -3)(3x -4) =

 

③数学I14a(因数分解)

x^2 -4x +4 =

x^2 +8x +16 =

x^2 -25 =

 

④数学15a(1次方程式)

7x + 6 = 3x -10

5x +2 = 6x -3

2x + 6 = 6 -x

 

⑤数学18a(連立方程式)

2x +3y = 12

4x -3y = 6

 

3x +4y = 9

3x -2y = -3

 

2x +y = 7

5x -2y = 4

 

・・・この5枚のプリントのa面(=表面)だけやれば、ポイントを復習可能になっています。今朝は、それぞれの最初の3問だけを娘に解いてもらいましたが、5分くらいで完了。あっという間。

 

僕:「スラスラと解けるね。」

 

娘:「もう頭の中に公文数学が"めりこんで"いるから♪」

 

更にめりこんで頂きましょう。最低でも1か月に1度、理想的には毎週末にこの基本5枚を解き直し、更なる定着を図ることにします。表面の問題を全部解いても良いですが、最初の3問とか1問だけでも復習の意味があると思いました。

 

 

★現時点の立ち位置:

・低学年最後の年なので、公文を進める。

①公文数学:I教材(=中3)/上位0.5%【2018年8月31日から】

②公文国語:HI教材(=中2前半)/上位1.0%【2018年7月20日から】

③思考算数:きらめき算数脳3年【2018年7月31日から再開】

④漢字:3年生を総復習(漢検・Z会・学研)【2018年6月15日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki