小3/公文:数学J10以後に進む際に必須となる復習体制の仮説(→毎日1問ずつ各単元を解けば良い)

2018年10月(小3)


2018年10月27日(土)。

 

公文は辞め方が難しい。

 

僕としては数学J10(=高1)で打ち切りにして、あとは復習のみして2022年2月まで温存することを考えていましたが、娘としては数学J10以後も進めるという意思は固い。

 

問題になるのは、復習体制。公文は進めるのは簡単だが、維持するのが難しい。色々考えた結果、先日、各単元を毎日1問ずつ解くことにより、メンテナンスされるであろうとの仮説に辿り着きました。少し前から数学I1~20のプリントを使った復習をしていますが、今後は新規単元を学ぶ度にプリントを増やしていこうと思います。

 

・・・現状、2次方程式に入っているので、このまま何もしないと、「平方根」や「有理化」が数学Iの終了テストまで出てこないことになります。つまり、何も復習しないと、来年2018年3月くらいまで「平方根」や「有理化」を触らないことになる。これが良くないわけです。忘れて当然。

 

ということで、早速、復習プリントに以下を追加しました。これを毎日1問ずつ解けば、維持できる可能性が高いと思います。尚、数学I18だけa面とb面にしていましたが、今後はa面のみとすることにしました。数学I18aの替わりに、数学I19aを採用。

 

====

①数学I9a(式の展開)

(x +1)^2 =

 

②数学I10a(式の展開)

(x +3)(x -5) =

 

③数学I14a(因数分解)

x^2 -4x +4 =

 

④数学15a(1次方程式)

7x + 6 = 3x -10

 

⑤数学18a(連立方程式)

2x +3y = 12

4x -3y = 6

 

⑥数学19b(連立方程式)

4x -y = 2x +4y -3

x -4y = -2x +6

 

⑦数学I33a(平方根)

√6・√12 =

 

⑧数学I40a(平方根)

√28・√12 =

 

⑨数学I47(平方根・有理化)

(9 -2√3)/√3 =

====

 

 

★現時点の立ち位置:

・低学年最後の年なので、公文を進める。

①公文数学:I教材(=中3)/上位0.5%【2018年8月31日から】

②公文国語:HII教材(=中2後半)/上位1.0%【2018年10月19日から】

③思考算数:きらめき算数脳3年【2018年7月31日から再開】

④漢字:3年生を総復習(漢検・Z会・学研)【2018年6月15日から】

 

★ブログ村ランキング:

本ブログは娘と僕の「反省録」ですが、読者の方のお役に立てば嬉しく思います。お帰りの際に↓をクリック頂けると励みになります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

Posted by senki