小3/公文:数学I176の「相似と比」

2018年12月(小3)


2018年12月29日(土)、朝。

 

今朝取り組んだ公文数学I176のテーマは、「三平方の定理の1」ですが、以下内容でした。

 

=quote=

相似

 

図形で大きさはちがっても、形は同じであることを相似という。

 

【性質】

対応する辺の長さの比はすべて等しい。

対応する角の大きさはそれぞれ等しい。

=quote=

 

問題としては、

 

8:x = 6:9

 

外側どうし内側どうしをかけあわせた値が同じになる

 

ということで、三角形ABCと三角形DEFが相似のときのxを求めることになります。

 

いやあ、良いですね。良い構成です。ルートのあと、三平方の定理で比を使い、一次方程式になるということですね。公文数学のカリキュラムは、本当に良く考えられていると思います。

 

娘は以下のように解いています。

 

3√2: x = 3:6

3x = 18√2

x = 6√2

 

比の扱い方と方程式は相性が良いように思います。趣味で公文数学を進めていたら、いつのまにか中学受験算数の基礎になってきている印象です。

 

 

★現時点の立ち位置:

・小3なので公文に注力、小4での数国J10を目指す。

①公文:数学I(=中3)/上位0.4%【2018年8月31日から】

②公文:国語II(=中3前半)/上位0.9%【2018年12月15日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック(+αで市販教材活用)

④語彙:言葉力1100・1200 + 言葉ナビ上・下巻

⑤漢字:現学年小3を深堀り

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

 


Posted by senki