新小4/公文:公文戦略の大転換(数学Jフレンズ&国語未来フォーラムほぼ確定→ついに英語を開始)

2019年01月(新小4)


2019年1月28日(月)。

 

ついに、数学J10(=高1)に足を踏み入れることが確定しました。塾年度における小3の終わり、ぎりぎりに間に合った形になります。1月末を意識していなかったけど、25枚/weekの高い負荷を良く頑張りました。

 

そして、国語IIも180まで終えているので、来週あたりに国語II(=中3前半)の終了テストとなります。合格すれば、未来フォーラム基準に到達することになります。

 

偏差値42のサピックスAクラスから開始して、まあ、良くここまできたものだ。

 

・・・ということで、公文先生と相談の上、2月以後は以下対応とすることにしました。

 

①数学J(=高1)と国語III(=中3後半)以後は、現状の25枚/weekから15枚/weekにペースを落とす。

 

②英語を開始する。

 

・・・幼児期から英語教育をしているご家庭から言わせれば、

 

「遅っ!今更英語ですか?!タイミング外してない?」

 

ではないでしょうか。はい、そのとおりです。今更の英語です(笑)。

 

2016年8月(小1)にこの反省録に記録した記事に、英語に対する僕のスタンスを書いておきました。

 

・2016年8月1日:僕の学習:「英語、小5から正式教科に、次期指導要領案」

 

今読んでも、大きくは違和感ない記事です。ただ、当時は、娘の公文国語力が、小3の終わり時点でここまで到達するとは思っていませんでした。母語のレベルがそこそこ高くなってきたので、小4というまだまだ時間に余裕がある時期は、英語を開始するには最適なタイミングだと判断します。

 

英語を学ぶにはいろいろなツールがありますが、公文教室の先生の指導力が素晴らしいので、公文に頼ることとします。英検合格などは特に目指さずに、まずは公文で英語の筋トレを積み上げたいと思います。

 

そして、僕もTEAPを受けてみようかと検討中。TOEIC、TOEFL iBT、GMATは戦い方を知っているけど、TEAPは分からん。

 

 

★現時点の立ち位置:

・公文からサピックス新4年へシフトを開始する。

①公文:数学I(=中3)/上位0.4%【2018年8月31日→2019年1月25日に数学I合格】

②公文:国語II(=中3前半)/上位0.9%【2018年12月15日から】

③算数:塾カリキュラムでオントラック(+αで市販教材活用)

④語彙:言葉力1100・1200 + 言葉ナビ上・下巻 + ことば1200

⑤漢字:小4を漢検で復習中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki