新小4/リブログ:”小1/算数検定:一通り調べてみた結果”

2019年02月(新小4)


2019年2月7日(木)。

2年前の記事。つまり、小1のときの記事。

読み直すと面白いです。以下部分は正解だと思います。娘は小3サピックスの後半戦からは、ほとんどサピックスの勉強していませんし。

 

=quote=

(4)雑感

クイズ系・思考力系問題ですが、受験市場を拡大したいための、大手塾のマーケティング戦略の一環なんだろうな、と思います。

 

で、低学年でそれにのめりこむと、通塾せずに基礎を固めてきた小4であっさり抜かれる構図なんじゃないかと。

 

低学年の正しいスタンスは、「体系的・網羅的に基礎を固める勉強をしつつも、あまり上がった下がったを気にすることなくサピックスのカリキュラムに付き合う」、ことなのかもしれませんね。少なくとも凡人娘はそうに違いない。

=unquote=

 

・・・ただ、算数検定が良い教材だったかというと、そうは思いません。算数検定を受ける意味は、中学受験の観点からも、家庭学習の観点からもあまり意味が無い、というのが2019年2月現在での僕の結論。

 

しかし、この反省録を通じて知り合った保護者の方(算数男子)から教わったのは、「それだけ公文数学を進めているのならば、数学検定には挑戦する価値はあると思いますよ」、ということ。

 

公文数学分野のおまけとして、調べてみる価値はあるかなと考えています。

 

 

★現時点の立ち位置:

・公文からサピックス新4年へシフトを開始する。

①公文:数学J(=高1)/上位0.4%【2019年1月29日から】

②公文:国語II(=中3前半)/上位0.9%【2019年2月1日に国語II合格】

③公文:英語A①【2019年2月1日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック(+αで市販教材活用)

⑤語彙:言葉力1100・1200 + 言葉ナビ上・下巻 + ことば1200

⑥漢字:小4を漢検で復習中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki