新小4/公文:娘による自宅採点の精度

2019年03月(新小4)


2019年3月5日(火)。

 

教室から返却されたプリント。つまり、娘が、①自分で解く、②自分で自己採点する、③教室で先生が採点する、というプロセスを経たプリント。

 

これを見て分かったことは、娘による自己採点は正確であるということ。これには驚いた。完全に自律走行しているではないか。

 

僕:「すごいね。1問もミスしていないじゃん。パパの採点よりも正確。」

 

娘:「当たり前じゃん。私はパパの採点は信用していないもん!教室の先生にしょっちゅう直されているから!」

 

・・・答えを写している可能性についても考えてみましたが、途中式があるから無理なんだな、これが。とはいえ、まだ新小4なので、定期的に僕も採点してみようと思います。できていなければ、この段階で分かるので。

 

 

★現時点の立ち位置:

・公文からサピックス新4年へシフトを開始する。

①公文:数学J(=高1)/上位0.3%【2019年1月29日から】

②公文:国語III(=中3前半)/上位0.5%【2019年2月5日から】

③公文:英語A②【2019年2月1日からA開始】

④算数:塾カリキュラムでオントラック(+αで市販教材活用)

⑤語彙:言葉力1100・1200 + 言葉ナビ上・下巻 + ことば1200

⑥漢字:小4を学研で深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki