小4/公文:国語III135の記述

2019年04月(小4)


2019年4月19日(金)。

 

「神童」を題材にした、論理と解釈。

 

b面の書き抜きで、娘が記述したのは以下。

 

「模糊たる群衆」

 

「時々忘却と孤独の瞬間が来ると、彼の眼は聴衆から離れて絵で飾られた壁にゆき、さらに漠然な生活の波瀾重畳の遠方に没してしまう」

 

・・・まあ、これだけの文章を読み、それなりに縮約しているので、中学受験国語の記述力の基礎としては申し分ありません。「書く」ことについては慣れているので。

 

国語はJフレンズに達した後は、7月の未来フォーラム(日程確定したようですね)までは継続し、7月末をもって卒業することにしました。少しだけ、国語JI(=高1前半)の世界を覗いたあとで、国語HI(=中3前半)から復習しようと思います。

 

 

★現時点の立ち位置:

・公文からサピックスへシフトを開始する。

①公文:数学J(=高1)/上位0.3%【2019年1月29日から】

②公文:国語III(=中3後半)/上位0.5%【2019年2月5日から】

③公文:英語B②【2019年3月20日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック(+αで市販教材活用)

⑤語彙:言葉力1100・1200 + 言葉ナビ上・下巻 + ことば1200

⑥漢字:小4を深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki