小4/公文:国語Jの本質について

2019年05月(小4)


2019年5月14日(火)。

 

公文国語J(=高1)のプリントを見て気が付いたこと。

 

①JIとJIIに分かれるかとおもいきや、Jの200枚だけである。I(=中3)までは、前編200枚、後編200枚であったので、半分の量だ。よって200日あればJを卒業することになる。

 

②古文の問題かと思っていたが、僕の勘違いでした。国語J以後は、「古典を題材にした論評」です。事実、J1のタイトルは「資料と論評」。この論評、実に素晴らしい内容になっています。公文もWebpageで例を紹介していますので、「論評」の意味を知りたい方は「J」を押してみてください。

 

③古典に学ぶだけでなく、当時の時代背景なども学べる内容になっています。J3の裏面にはこんな記述がある。

 

=quote=

当時の成人式は、十一~十五歳ぐらいの間に行われた。女子の場合は「裳着(もぎ)」とよばれる。それは、このとき初めて「裳(も)」を着けるからである。これは、女性が正装の際に着用する、後ろ半分だけのロングスカートのようなものである。

=unquote=

 

渋い。渋すぎる。「裳着」なんて知らなかったぞ。

 

④国語とか歴史の知識で「徒然草」を学ぶかもしれないけど、実際に読むことになります。理解が深まりますね。

 

・・・結論として、「公文国語Jは中学受験には全く寄与しない趣味の世界だろう」という仮説が、早くも崩れ始めました。

 

公文国語には、何度も良い意味で裏切られ続けています。そもそも、小1の夏休み前にサピックスの成績がイマイチだったときに、やめようかと思っていたほどですから。

 

公文は数学よりも国語が凄いです。国語でJフレンズになるまで、やめてはいけないとすら今では思います。公文数学に代替する教材はいくらでもあるが、国語は無いので。数学Gくらいで卒業するのは有りだと思いますが、国語はJまで継続する価値があると思います。

 

 

★現時点の立ち位置:

・公文からサピックスへシフトを開始する。

①公文:数学J(=高1)/上位0.3%【2019年1月29日から】

②公文:国語J(=高1)/上位0.5%【2019年5月7日から】

③公文:英語C①【2019年5月7日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック(+αで市販教材活用)

⑤語彙:言葉力1100・1200 + 言葉ナビ上・下巻 + ことば1200

⑥漢字:小4を深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki