小4/公文:親の関与は当たり前

2019年05月(小4)


2019年5月19日(日)。

 

公文には親の関与がマストです。

 

・・・というよりも、漢字検定も、算数検定も、英語も、サピックスも、四谷大塚マンスリーも、その他大手塾テストも、他の習い事も、運動系の取組みも、

 

全てにおいて親の関与はマストです。少なくとも小学生の間は。適切にマネジメントしないと、子供は睡眠不足になります。

 

勘違いしてはいけないのは、

 

①やるのは本人

②親ができるのはマネジメント

③自宅外でやることは全てアウトソーシング

 

ということだと思います。

 

方法論はどうでもよい。最小の投入時間で、最大限の結果を出す方法のみが正しい。もっと言うと、「本人が自分自身で考えたつもりになっているが、裏で親がニヤニヤしている状態」が最高だと思う。裏方に徹しているので。

 

現時点での成績が全て。

 

言い訳は無意味。

 

親がすべきは、冷徹なまでに見たくない現実を直視し、ぶつかりたくない壁を予想し、それを本人自身に乗り越えさせるために、今何をすべきか、考え続けること。

 

睡眠時間を削らずに。

 

親も子も。

 

 

★現時点の立ち位置:

・公文からサピックスへシフトを開始する。

①公文:数学J(=高1)/上位0.3%【2019年1月29日から】

②公文:国語J(=高1)/上位0.5%【2019年5月7日から】

③公文:英語C①【2019年5月7日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック(+αで市販教材活用)

⑤語彙:言葉力1100・1200 + 言葉ナビ上・下巻 + ことば1200

⑥漢字:小4を深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki