小4/コメントへの回答:「少ない勉強量でアルファをキープ」

2019年05月(小4)


2019年5月21日(火)。

 

コメントを頂戴しましたので、回答させて頂きます。

 

=quote=

こんにちは、嫌がらせで書き込んではいないです。このブログが真実ではないという会話ログを見つけました。本当にアルファでしょうか?サピックスに通っているのでしょうか?本当のことを書いて頂けないでしょうか?理由はあれだけ少ない勉強量でアルファをキープされてるのであれば、うちの子は難関校に行って幸せなのだろうか?無理してるんではないだろうか?と悩んでたからです。みんなのためにも、真実をお願い致します。

=unquote=

 

4月マンスリーの結果は以下の通りでした。

 

image

 

「理由はあれだけ少ない勉強量でアルファをキープ」ということですが、“勉強量"の定義の問題かもしれませんね。

 

「今この瞬間の断面」と、「これまでに積んできた絶対量」を分けて考える必要があると思います。

 

「今この瞬間の断面」としては、以下の通りです。現在は、平日は0530-登校までの朝の筋トレが主体で、帰宅後に次の予定までは勉強(とはいえ、親の目が入らないので読書したり昼寝したりしている模様)。週末には0530-1000+α、というペースで継続しています。これに加えて通塾。結論として、標準的だと思います。

 

他方、「これまでに積んできた絶対量」ですが、上記のペースで小1からずっと継続しています。ペースを速めもせず、緩めもせず、ずっと3年間継続してきました。なので、特に才能が無くても公文数学・国語でJフレンズに到達することができました。公文をやると、論理的思考力が鍛えられ、また抽象的な概念にも強くなります。よって、大人の会話が分かるようになります。つまり、娘はサピックスの上位クラスのスパルタ的な先生の授業速度にも、ついていっているように思います。

 

まとめると、以下の通りになるかな、と思います。

 

①今この瞬間の勉強量は、普通。むしろ他のサピックス生よりも短いと思います。2130就寝が絶対原則なので。

 

②小1~3の勉強量の蓄積量は、多い。とはいっても、もっとやっている家庭は多そうですが、我が家はアウトドアなどを優先したので無理でした。

 

③上記②の蓄積により、現時点での「処理力」「論理分析力」「抽象的理解力」を上げておいたので、塾での滞在時間中にほぼ全て理解して帰宅する、という効率の良い時間の使い方をできている。

 

・・・尚、娘もたくさん課題を抱えています。現時点で明確になっているのは、以下の通りです。

 

a) 算数オリンピック級の算数難問に挑めるだけの知力は無い。

b) 社会を5分で暗記するような記憶力の良さは無い。

c) 睡眠不足に弱いので2130就寝、0530起床のサイクルが恐らく限界。

 

よって、偏差値42から開始した小1から変わらないことではありますが、僕が取る戦略は常に「弱者の戦略」です。

 

 

★現時点の立ち位置:

・公文からサピックスへシフトを開始する。

①公文:数学J(=高1)/上位0.3%【2019年1月29日から】

②公文:国語J(=高1)/上位0.5%【2019年5月7日から】

③公文:英語C①【2019年5月7日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック(+αで市販教材活用)

⑤語彙:言葉力1100・1200 + 言葉ナビ上・下巻 + ことば1200

⑥漢字:小4を深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki