小4/理科:ミジンコプロジェクト(4条件の実験結果)

2019年05月(小4)


2019年5月25日(土)。

 

ミジンコプロジェクト。お金がかからないので、僕のような人間にはうってつけだと思う。

 

5月12日(日)に開始した4条件の結果を、娘と比較しました。

 

左から、

 

①暗室+蓋あり

②暗室+蓋無し

③日光+蓋あり

④日光+蓋無し

 

暗室に入っていた左側の2つの水が透明なことに、娘は「わおー!」と興奮していました。

 

image

 

娘による観察結果。

 

①暗室+蓋あり

→娘:「水が透明なので藻が繁殖していないことが分かる。ミジンコも絶滅していた。日光も無く、蓋があるので二酸化炭素も供給されず、光合成ができないということだね。」

 

②暗室+蓋無し

→娘:「この瓶も、水が透明なので藻が繁殖できない。でも、ミジンコがたくさんいた!これは水の中に入っていたエサが十分で、生き延びられたということかもしれないね。酸素は供給されているわけだし。予想では、ミジンコ絶滅だったから、意外な結果だ!」

 

③日光+蓋あり

→娘:「瓶の内側が緑色。藻は発生している。でも、ミジンコは絶滅した。瓶の底にある藻から気泡が出ているから、光合成していることは分かる。瓶の蓋がしまっているから、二酸化炭素は供給されない。これは、ミジンコが食べるような小さい藻は絶滅したが、瓶の底にある大きな藻は絶滅しなかった、ということかもしれないね。」

 

④日光+蓋無し

→娘:「緑色。ミジンコも生きている。二酸化炭素も酸素も供給されているし、これが一番普通の環境だから当たり前か。」

 

・・・上記③の瓶の底です。酸素の気泡がでています。

 

image

 

・・・こちらは、上記4つの瓶とは別に飼育している、ザリガニ。アメリカザリガニだと思われるので、放流はできません。

 

娘:「ぐんぐんと大きくなっているね!」

 

ザリガニに夢中。

 

image

 

・・・さて、

 

僕:「今後どうする?」

 

娘:「この実験を継続してみようよ。2週間がたったけど、このあとどうなるのか、見てみたい。」

 

ということで実験継続です。

 

 

★現時点の立ち位置:

・公文からサピックスへシフトを開始する。

①公文:数学J(=高1)/上位0.3%【2019年1月29日から】

②公文:国語J(=高1)/上位0.5%【2019年5月7日から】

③公文:英語C①【2019年5月7日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック(+αで市販教材活用)

⑤語彙:言葉力1100・1200 + 言葉ナビ上・下巻 + ことば1200

⑥漢字:小4を深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki