小4/社会:今後覚えるべき白地図トレーニングを分析した結果

2019年05月(小4)


2019年5月26日(日)、夜。

 

暑い一日であった。北海道の佐呂間で39.5度。

 

僕:「フェーン現象も影響したみたいだな。」

 

娘:「フェーン現象は日本海側におきるものだよ!」

 

とまったく理解していない様子の娘。中学の地学をやらないと、湿潤断熱減率と乾燥断熱減率をやらないから、フェーン現象の原理が分からないと思う。

 

・・・そんなことをつらつらを考えながら、「2019年度 4年生 年間学習法」というシラバスを読みながら思ったこと。

 

なんと、社会の白地図トレーニングは、量が少ないではないか。以下を覚えれば、夏休み終了時点まで対応してしまうのである。

 

・地図記号

・地図の見方①

・緯度と経度

・北海道地方のまとめ①(とあるが、地方については娘は②も既に暗記している。以下同じ)

・東北地方のまとめ①

・関東地方のまとめ①

・中部地方のまとめ①

・近畿地方のまとめ①

・中国・四国地方のまとめ①

・九州地方のまとめ①

・日本地図のかき方

・日本の位置

 

こんなの、余裕じゃないか。娘は2日間で1単元を完答できるレベルに持ち込める(時間をかけずに)。そこから先は繰り返して習熟させるだけである。6月中に全部やってしまうことにする。

 

白地図なんぞはさっさと覚えて、四谷大塚が誇る「先取りシリーズ」(※ついにオフィシャルに飛び級を開始するそうなので先取りシリーズと呼ばせてもらう)で深堀りをしていこう。

 

勿論、週末の日帰り旅行で訪問することが目標である。

 

 

★現時点の立ち位置:

・公文からサピックスへシフトを開始する。

①公文:数学J(=高1)/上位0.3%【2019年1月29日から】

②公文:国語J(=高1)/上位0.5%【2019年5月7日から】

③公文:英語C①【2019年5月7日から】

④算数:塾カリキュラムでオントラック(+αで市販教材活用)

⑤語彙:言葉力1100・1200 + 言葉ナビ上・下巻 + ことば1200

⑥漢字:小4を深堀り中

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Posted by senki